ごあいさつ

東京女子大学は、1918 (大正7) 年、北米のプロテスタント諸教派の援助のもとに、新渡戸稲造学長、安井てつ学監、A.K. ライシャワー常務理事らによって建学の礎が築かれました。以来90 数年にわたり、「キリスト教を教育の根本方針となし、学問研究及び教育の機関として、女子に高度の教養を授け、専門の学術を教授研究し、もって真理と平和を愛し人類の福祉に寄与する人物を養成すること」(東京女子大学学則第1条) を教育目標として、今日まで歩んでまいりました。この間、「豊かな教養に基づく幅広い視野と、高い専門性を身につけた自立した女性」の育成に励み、国内外の様々な分野で活躍する多くの卒業生を社会に送り出してまいりました。また、近年においても、本学卒業生に対する社会からの評価は高く、社会・経済の大きな変動の中でも、変わることのない高い就職率を得ております。これは、ひとえに皆様のご理解とご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

さて、本学は2018 年4 月に創立100 周年を迎えます。この記念すべき100 周年は、本学に委ねられた使命と役割を再確認する時であり、次の100 年に向けて、新しい時代に相応しい新しい大学の姿を構築する時と捉えております。「変えてはならないもの」を時代の流れに迎合することなく守り続け、「変えるべきもの」を時代に先駆けて実現していく、深い信念と鋭敏な知性が求められていると考えております。

東京女子大学はこれからも、創設以来の基本理念、「キリスト教主義」、「女子高等教育」、「リベラル・アーツ教育」をゆるぎない土台として守り続けつつ、建学の理念を現代社会に活かし、東京女子大学ならではの教養教育プログラムを進化させることにより、世界を視野に人類・社会に貢献する「専門性をもつ教養人」を情熱をもって育ててまいります。大学院においては、広い教養を基礎に高度の専門能力を兼ねそなえた「教養ある専門人」を養成してまいります。

創立100 周年記念事業を本学のさらなる発展に繋げるために、「挑戦する知性」を基本コンセプトとして様々な事業を展開していく予定です。

特に、

  1. リベラル・アーツ教育を支え、現代的ニーズに対応するための「教育内容・教育環境の充実に向けた事業」
  2. 地球的規模で考え行動する女性を育成するための「国際交流の強化」
  3. 社会性を涵養し国際化の推進に寄与する「新学寮建設」
  4. 東京女子大学の人材育成目標を実現するための「新奨学金制度の設立」
  5. 生涯にわたって卒業生のキャリア形成を支援する「エンパワーメント・センターの充実」
  6. 教育研究環境を維持するための「キャンパスの環境整備」、等
    東京女子大学のこれからの100 年を支える新たな基盤整備事業を行う計画です。

女性の活用を多方面で推進することは、現代日本の喫緊の課題であり、政府は2020 年までに女性管理職を3 割にまで高める方針を打ち出しました。

本学は、100 年の歴史を持つ伝統ある女子大学として、豊かな教養と幅広い視野を持ち、現代社会の様々な場面における困難にも立ち向かい、生涯にわたって自分のキャリアを構築することができる、強くしなやかな女性リーダーを育成し、社会に貢献します。

これら本学に課せられた使命を達成するための記念事業の趣旨に、卒業生をはじめ経済界の多くの皆様からご理解とご賛同をいただき、東京女子大学創立100 周年記念募金委員会が組織されました。経済情勢まことに厳しい折、甚だ恐縮に存じますが、皆様におかれましても記念事業の趣旨にご理解とご賛同をくださり、資金募集に格別のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

学校法人東京女子大学 理事長 氏家 純一

東京女子大学 学長 小野 祥子

  • ごあいさつ
  • 事業理念
  • 事業概要
  • 沿革
  • 募金について
東京女子大学

〒167-8585
東京都杉並区善福寺2-6-1
TEL:03-5382-6340
お問い合わせ:総務課

東京女子大学公式サイト