• 大学案内
  • 学部・大学院
  • 入学案内
  • 授業・学生生活
  • 国際交流
  • キャリア支援(キャリア・センター)
  • 図書館・研究所・センター等
  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • ご父母の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方
  • 教職員用

学部・大学院

人文学科

人間の文化に関わる

哲学、文学、史学を横断的に学び

新たな文化・社会の創造に貢献します。

多くの情報に溢れた現代社会に求められるのは、情報の波に流されず必要な知識を選択したり、応用したり、あるときは物事に対して論理的に批判したりするための豊かな教養です。人文学科では、哲学、日本文学、英語文学文化、史学の4専攻を置き、各分野を横断的に学ぶことを通して、人間が長い歴史の中で積み上げてきた知的・文化的財産への理解を深め、現代的教養の基礎を築きます。それと同時に各分野の中心的領域を深く学ぶことを通して、人間の創ってきた文化の意味を根源から追求し、次の時代に向けた新たな文化・社会の創造に貢献できる人物を育成します。

人文学科の目的

人文学科は、哲学、文学、史学の分野を横断的に学ぶことを通して、人間の文化に関わる基礎的知識を広く修め、考究の姿勢、応用能力を社会のあらゆる分野に生かし、文化の創造と社会の発展に貢献できる人物の育成を目的とします。

人文学科で取得可能な学位

■学士(教養)
4 年以上在学し、所定科目につき130 単位以上を修得し、卒業を認定された者に授与します。

人文学科の教育課程

2014年度以降入学者

2013年度以前入学者

 「教育課程」と「授業科目の概要」には、すべての授業科目を掲載しています。
 その年度の授業計画により開講する授業科目については、シラバス(新しいウィンドウで開く)を参照してください。

主要科目の特長

人文学入門

人文学の根幹をなす3つの学問分野である哲学、文学、史学の基本的視座についてそれぞれ講義し、これら3分野の相関を、最新の知見をまじえつつ俯瞰することによって、人文知の成り立ちの理解を目指します。チェーン・レクチャー方式で授業を行います。〔1年次必修科目〕

人文学基礎演習

人文学の基幹をなす哲学・文学・史学に共通する研究方法について、基礎的な知識やスキルを学び、学問に誠実に向かい合う心構えを、演習形式によって身につけます。原典に触れ先行研究を調べ、論理的な表現方法を学習します。〔1年次必修科目〕

卒業論文 または Final Presentation

学生が自らの知的関心に沿って研究テーマを設定し、資料を収集・分析して仮説をたて、論理的・批判的考察を積み重ねることによって仮説を実証し、得られた結論を説得的に表現する、という一連の学問的営みを通じて、学士課程での集大成として論文を作成し、また、Presentationを行います。〔4年次必修科目〕

人文学科クラス平均人数

主な進路

主に研究者、教育者、公務員、出版関係者、文化芸術の担い手など、文化・社会に貢献する職業が想定されます。また、本学科で養われる論理的な思考力や客観的判断力は、他のさまざまな職業分野でも活かすことができるでしょう。