header

原田明夫前理事長ご逝去のお知らせ


原田明夫前理事長

学校法人東京女子大学前理事長、理事・評議員の原田明夫氏(元検事総長、弁護士)が、2017年4月6日(木)に逝去されました(享年77歳)。

原田前理事長は、2005年7月から2012年5月までの約7年間、理事長を務められ、本学の教育研究の充実のため、キャンパス整備計画を推進するとともに、本法人の財政基盤と組織体制の強化に尽力されました。

原田前理事長は、本学の初代学長である新渡戸稲造の研究家としても知られ、本学では、理事長ご就任前に「多様性と共生への視点-世界で・社会で・家庭で-」というテーマで、法の専門家としてのご経験をもとに、争いのない社会を築くために私たちは何を拠りどころに考え、行動すればよいのか、新渡戸稲造の視点に触れながら、現代社会や教育などの諸問題についてご講演を行っていただきました。

また、原田前理事長は、学生時代から合唱活動を続けておられ、本学のメサイア公演にも、合唱団男声ボランティアとして長年にわたりご奉仕いただきました。

ここに生前の本学へのご貢献に感謝するとともに、慎んで哀悼の意を表します。


2017年4月11日
学校法人東京女子大学理事長 氏家純一

カテゴリ別

月別