header

校歌・カレッジヒム


校歌

東京女子大学の校歌は、1920(大正9)年末、大学が校歌を募集した際、応募した国文科2年生有志の合作に多少の修正を経て採用されたものです。当時、音楽を担当していた教員の紹介により山田耕筰の作曲が得られ、1922年第1回卒業式に初めて合唱されました。


校歌
山田耕筰 作曲


1.
天つ日は雲を開きぬ
天地は光をうたふ
神と人ふかく結びて
少女等の生くる喜
胸うつはここ


2.
紫に匂ふ山脈
はるかなるおもひを伝ふ
つつましき祈のうちに
とこしへの扉をたたく
旅人われ等



カレッジヒム 【A HYMN:For Tokyo Joshi Daigaku 】

第4代斎藤勇学長(在任1948~1954)が、1950年当時、来日中の英国詩人Edmund Blundenに作詞を依頼し、英国の古い歌謡にもとづいて編曲されたものがカレッジヒムです。当時毎週行われた全学集会の後に、ミス・チャペルの指導で練習が行われ、全学に普及しました。カレッジ・ヒムの原詩を贈られた経緯は、学長と詩人との親しい交わりの一端とともに「学報」1950年5月号に紹介されています。楽曲は、イギリスの古歌に拠っています。これは、讃美歌第二編46番としても採録され、広く愛唱されています。


COLLEGE HYMN
Edmund Blunden 作詞


1.
Come, all who love the way of truth,
Rejoice in our Foundation;
Come, friends of all the dreams of youth,
And share our jubilation.

For learning let us sing our praise,
For wisdom so imparted,
That we who learn here go our ways
Among the noble-hearted.


2.
For healthy happy laughing games,
For labour and for leisure,
For lifelong lists of precious names,
We sing "with perfect pleasure".

And then for every fly and bird
And flower and tree that live here,
For every text in nature's word
Our gratitude we give here.


3.
And for that Word, above the rest,
The Word of Christ, we glory;
Then, friends, you know we have the best
Of all creation's story.



楽譜を見る