header

『学報』2019年度第3号より抜粋

自分らしい生き方、働き方を一緒に考えてみませんか?

エンパワーメント・センター


 今年度、エンパワーメント・センターでは2つのイニシアティブ プログラムを立ち上げました。女子高校生対象「ガールズ イニシアティブ プログラムー自分の未来を切り拓くワークショップ」(7月開催、『学報』2019年度第2号掲載)と、社会人対象の女性イニシアティブ・プログラム「自分デザイン講座?人生(ライフキャリア)を切り開くヒントを探す?」です。ここでは9月4日(水)から19日(木)に行った社会人対象プログラム(全10回)についてご報告します。
 本学の学生は卒業後にほとんど就職しますが、その後の人生は多様です。初職で定年まで勤めあげる方、転職する方がある一方、出産、育児、夫の転勤、介護などさまざまな理由で退職を余儀なくされることがあるのも事実です。そして女性はどこにも属さない個人となり生き方を模索します。そんな状況に置かれた女性に手を差し伸べ、自分自身で考え、仲間や社会と繋がりを作れるような支援するのが本講座の目的です。経験豊富な講師陣による講義とワークショップ、キャリア・カウンセリングで構成されています。(「講座内容一覧」参照)
講座が9時半から12時のためお子さんが小さいお母さんが受講しやすく、また託児を付けたために育休中や出産で仕事を辞めた方も参加することができました。本学の卒業生だけでなく近隣に居住されている女性も参加され、熱心に課題に取り組み、仲間と繋がりました。「いわゆる“キャリア”というテーマだけでなく、人として、一女性として、母として、あらゆる場面で有用な情報・スキルを学べた。単発のキャリア講座ではえられないものだった」「自分では考えつかなかった、自分の強みを言ってもらえたことが嬉しく自信になった」と感想が寄せられました。
初めての試みでしたが非常に手応えを感じ、次年度に向けさらに企画を練り、広報にも力を入れていきたいと思います。


講座内容一覧


日 程講 師テーマ
9/4 飯塚 美紀子 私たちをめぐる社会の状況
9/5 内海 仲子 自分、再発見 私ってどんな人?
9/6 竹内 千寿恵 人生の転機 ~私の場合~
9/10 薄井 澄誉子
大久保 淳子
心身ともに健康に働くために(からだ編)
心身ともに健康に働くために(こころ編)
9/11 内海 仲子 コミュニケーション能力向上のために
9/12 森林 育代 人生の転機 ~私の場合~
9/13 尾崎 明子 知っておくべき社会の制度
9/17 楠田(小山田)理佳 知っておくべきITリテラシー
9/18 松本 純 人生の転機 ~私の場合~
9/19 宮島 佳代子 さぁ、考えよう、これからの自分