header

人間文化科学専攻 日本文学文化分野

日本文学文化分野では、「日本語」という「ことば」の歴史、「日本語」により織りなされた過去から現在に至る「日本文学」、日本の文化や思想に多大な影響を与え「日本文学」の一部でもある「漢文学」に着目しつつ、古代から現代に至る「日本」という国の文化や思想の様相について多角的に考究するための専門的な知識や教養を教授するとともに、その知識を十分に活用して研究および社会的諸活動を遂行できる高度専門職業人、ならびに研究者の養成を目的としています。



教育課程の特色

「日本語史」「日本文学古典」「日本文学近現代」「漢文学」の4領域について、それぞれの専門的識見を涵養すると共に他領域の履修を積極的に勧め、創造的視点・融合的視点からの日本文学文化研究を可能にすることを目標としています。また深く関連する現代日本語・日本語教育分野科目の履修により、日本文学文化を考究する際の基点である日本語の言語構造、言語使用、言語行動の地域差、及び実践的な多言語のなかでの日本語教育などを学び、日本文学文化を多面的に分析し得る力を養うことができます。


基礎科目

「和漢比較文学研究」「日本文学文化研究」を必修として設置し、日本古典文学文化に大きな影響を与えた中国文学文化との比較から見いだされる日本文学文化の個性、影響関係、あるいは現代的視点からの日本文化の特殊性を、ことばや文学に着目し融合的に考究する識見を養います。また、研究のための基本的な知識の講述を基盤に、具体的な言語資料の読解・分析を実践的に学ぶ科目を設けています。


「日本語史研究」

文学作品のほか、消息文や記録類等の古文書を基礎資料として、日本語の史的諸相を明らかにします。

「日本古典文学研究」

奈良時代から江戸時代までの文学・芸能・文化・思考の様相と変遷を、当時の言語生活に留意しながら考究します。

「日本近現代文学研究」「日本近現代文学文化研究」

主として明治時代以降の日本の文学・芸能・文化・思考の様相と変遷を、比較文学文化や臨床心理学などの知を援用しながら考究します。

「漢文学研究」

中国古典文学(漢文学)や日本漢文学、及びそこに窺える文化・思考の様相を考究します。

専門科目

基礎科目をもとに融合的に学ぶ演習として、日本語史、日本文学、漢文学の演習科目を設けています。


カリキュラム

  • 2015年度以降入学者
 教育課程(授業科目及び単位数、必修・選択必修・選択の別等
 履修モデル



専任教員


日本文学文化分野 修士論文タイトル

2015年度

  • ・『在明の別』研究  ―関白家の家と好色―
  • ・〈単身者〉の文学

2014年度

  • ・『源氏物語』研究-紫の上の幼少期に込められた意味-
  • ・『平家物語』の国字本と天草本の比較研究
  • ・『源氏物語』研究-光源氏との関係から見る朱雀院像-
  • ・吉屋信子文学研究-『花物語』に語られる少女の思慕-
  • ・世阿弥真蹟文書の日本語史的研究
  • ・『とりかへばや物語』宰相中将論-『有明の別れ』との比較を通して-

2013年度

  • ・『源氏物語』研究-浮舟物語における、一考察 母との関係性を中心として-
  • ・比喩表現の研究-吉屋信子の比喩を視点として-
  • ・源氏狭衣百番歌合の研究-巻頭巻軸に見られる撰集意識-
  • ・中世の性向語彙研究-伊曽保物語と狂言を視点として-
  • ・日本語の東西の史的研究-音便を視点として-
  • ・『とはずがたり』研究-二条と後深草院との宿縁を視点として-
  • ・身体語彙の史的研究-身体接触を視点として-

修了後の進路

中学校・高等学校の国語教育に従事する教育職員、出版・マスコミ関係、自治体の図書館・博物館職員など日本文学文化における高度な専門的知識と実践的能力を要求される専門職につく者、研究者