header

人間科学研究科 人間社会科学専攻 博士前期課程

人間社会科学専攻は、臨床心理学、心理・コミュニケーション科学、グローバル共生社会の3分野を設け、現代社会の人間が直面しているさまざまな問題を人間科学・社会科学の視点、知識、方法論をもって調査研究し、実証的・科学的な研究を行うことを目的としています。




カリキュラム

2015年度以降入学者

人間科学研究科 人間社会科学専攻の共通科目

1年次必修科目

人間社会科学基礎論

現代社会の人間が直面するさまざまな問題に対し、各研究分野ではどのようなアプローチにより問題解決方法を探ろうとしているか、多様なアプローチを知ると同時に、受講生が主として採用するアプローチの特徴を理解することを目指します。

1年次選択必修科目

国際コミュニケーションワークショップ

海外及び国内における英語での調査の実施や国際的な研究交流を想定して、研究の動機、目的、方法、成果について英語のプレゼンテーションを行う力を養うためのトレーニングを行います。

1年次選択必修科目

論文作成・プレゼンテーション技法

人間社会科学の論文とはどういうものなのか、章立ての仕方や引用の方法、注や文献の扱い等について、また、学会発表などのアカデミックなプレゼンテーションにおけるスライドやポスターの作り方、発表原稿の作り方、発表の仕方と質問応答の仕方などについて学びます。

2年次必修科目

論文指導演習Ⅰ・Ⅱ

各研究分野の成果として最も重視する修士論文の一貫した指導を行います。



2014年度以前入学者


人間社会科学専攻 博士前期課程で取得可能な資格

専攻中学校教諭専修免許状高等学校教諭専修免許状
人間社会科学専攻 社会 公民