header

大学院 – 理学研究科

数学及び数理科学に関連する領域の研究能力を深め、幅広い視野を持ち、多くの分野において学術の進展と社会の発展に貢献できる研究者及び高度な専門的職業人の育成を目的とします。


博士前期課程においても後期課程においても、研究分野は理論数理学と応用数理学に大別されています。理論数理学分野は、数理科学の諸分野の事象を解明するための数学の理論と方法を研究すると同時に、数学の理論それ自体の深化を目指します。応用数理学分野は、自然科学や情報学の分野における数理科学的な事象を、数学の理論と方法を応用して解明し、同時にそこに含まれる数学的な問題を抽出し定式化することを目指します。


議長メッセージ



博士前期課程



博士前期課程


博士後期課程



博士後期課程


育成したい人材像

近年の数学と諸分野との高度な緊密化に対応して、発想基盤を幅広く持ち新しい分野をも開拓できる能力を持つ、すぐれた数学研究者を育成し、大学あるいは企業の研究所等に送り出すことを目指します。

同時に、たとえば純粋代数の理論と物理化学の発想法を身につけたIT 技術者など、数学および関連の科学の諸分野について深い見識と広い視野を持ち、教育機関や企業の調査研究機関などにおいて高度な専門的職業人として活躍する人材を育成します。