header

理学研究科 数学専攻 博士前期課程

古来、自然科学と数学とは密接に交流してきました。この交流は近年、抽象的な数学の広い範囲にまで広がっていますが、これは単純に「自然科学は自身の問題の解決に数学を応用し、また数学に問題を提供する。数学は自然科学から問題を受けてそれを解決すべく自身の理論を発展させる」という形から変化し、深まってきています。本学の大学院理学研究科数学専攻では、抽象的な数学理論の研究に基盤を置きながら、広い範囲の数理科学現象を視野に入れ、数理科学的な様々の現実問題の解明につながる理論の構築とその応用を目指しています。




カリキュラム

2016年度以降入学者


2015年度以前入学者



専任教員


数学専攻 博士前期課程で取得可能な資格

専攻中学校教諭専修免許状高等学校教諭専修免許状
数学専攻 数学 数学

上記の専修免許状を取得するためには、当該免許教科に係る中学校・高等学校経論1種免許状授与の所要資格をすでに有していることが条件となります。その上で本学大学院において所定の単位を修得し、修了年度に免許状授与申請をすれば、本学大学院博士前期課程終了時に上記の免許状を取得することができます。