header

全学共通カリキュラム

リベラル・アーツ教育の土台をつくり、現代社会に貢献する女性を育成

東京女子大学のすべての学生が履修する科目群を全学共通カリキュラムといいます。
東京女子大学の「リベラル・アーツ教育」は、全学共通カリキュラムで広い視野を身につけた上で、学科・専攻で専門知識を育みます。
そして、広い見識と創造性を備えた「専門性をもつ教養人」として、現代社会のさまざまな課題を自ら解決できる人物を育成します。


2012年度以前入学者はこちら



全学共通カリキュラムの構成

「リベラル・スタディーズ」と「アカデミック・スキル科目」の2つで構成しており、それぞれにコア科目(学生に必ず修得することを求める知識・技能に関する科目)を設定しています。
学生が各授業科目の位置づけ、学習の目的・意義を自覚して、さまざまな領域から、自分で考えて履修を組み立てられるよう学びのしくみを整備し、学ぶことを学ぶ力を育成します。


リベラル・スタディーズ

専門領域を超えた学習により、幅広い視野と深い見識を養い、これにより現代の諸問題に向き合う判断力を身につけることを目的としています。


総合教養科目

専門領域を超えて学ぶ探求心、女性の自己確立の基盤となる知識・能力を身につけます。


女性の生きる力

人間と自然科学

人間自身を知る

人間の知的生産

人間社会の仕組みと
問題

女性のウェルネス

演習

海外教養講座


キリスト教学科目

キリスト教を学び、建学の精神を理解し、現代社会の諸問題に向き合います。


リベラル・スタディーズ

アカデミック・スキル科目

コミュニケーションスキル、情報リテラシ、問題解決能力など、東京女子大学での勉学を完成する上で必要とされる基礎学力・学習方法の習得を目的としています。


外国語科目

国際化の時代に生きる現代人にとって、外国語の運用能力は必須の基礎的教養です。


第一外国語
(英語)

第二外国語
(ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語)

ギリシア語
・ラテン語


日本語科目

自己の考えを論理的に構築し、明確に日本語で表現する力を身につけます。


情報処理科目

情報通信化社会で必要なスキルや知識を習得します。


アカデミック・スキル科目



全学共通カリキュラムの必修科目及び単位数、履修年次

必要単位数 1年次 2年次 3年次 4年次
リベラル・スタディーズ総合教養科目女性の生きる力、
人間と自然科学、
人間自身を知る、
人間の知的生産、
人間社会の仕組みと問題
18(※) 5領域からそれぞれ必ず各1科目2単位を含め、8科目計16単位
女性のウェルネス 女性のウェルネス・身体運動Ⅰ、
女性のウェルネス・身体運動Ⅱの2科目計2単位
キリスト教学科目 6 キリスト教学Ⅰ(入門Ⅰ)
キリスト教学Ⅰ(入門Ⅱ)
キリスト教学ⅡA~ⅡNから1科目
アカデミック・スキル科目外国語科目第一外国語 8 Communication Skills A・B
Discussion Skills A・B
Reading ⅠA・ⅠB
Reading ⅡA・ⅡB
第二外国語 4 ドイツ語初級、フランス語初級、スペイン語初級、中国語初級、韓国語初級から1か国語
情報処理科目 2 情報処理技法(リテラシ)Ⅰ
合計単位38

※ 「演習」及び「海外教養講座」の科目の単位は、この必修18単位に含めることができません。


専任教員