header

現代教養学部長メッセージ

学びのススメ

 東京女子大学の正門を入ると直ぐ印象的な本館が目に入ります。チャペル・講堂を含め有形文化財の建物が点在する美しいキャンパスが、本学の100年の歴史で培われた落ち着いた校風を象徴しているかの様です。一学年1,000名弱という適正な規模の学生数で、教授陣との距離の近い少人数教育による熱心な指導を受けながら、学生の皆さんは伸び伸びとした学生生活を送っています。本学の学部は「現代教養学部」の一学部のみですが、その中には文系から理系までの広い学問分野をカバーする学科・専攻が含まれています。所属する学科・専攻での掘り下げた専門的な学びと並んで、全学的に開かれた教養科目や他学科等の科目も自由に履修することで、多面的角度から物事の本質をとらえ、未知の問題にも柔軟に対応可能な力が養われます。履修の自由度が高いため、自分に合ったカリキュラムで思う存分、自律的な学びが出来ることも特徴です。創立以来100年間一貫して行われて来た、こうした「リベラル・アーツ教育」は、多くの各界で活躍する卒業生に結実していると考えますが、大きく変動し予測不可能なこれからの世界においても、専門性に立脚しながらも広い視野を持ち、物事を深く理解する力を育む教育は、ますます重要になるものと信じております。東京女子大学で学んでみませんか。


現代教養学部 学部長
林 青司