header

人間科学科 心理学専攻

実験・観察・調査・面接などを通して心のはたらきを探り、人間を理解します

心理学の研究は、見る・聞く・考える・記憶する・話す・よろこぶ・悩むなど人のあらゆる心のはたらき、人の行動のメカニズム、誕生から死までの生涯発達のプロセスなどが対象です。それらを実験や観察、調査、面接を通して科学的・実証的に明らかにしていきます。さらに、人対人、あるいは大勢の人々同士が、どのように影響を与え合うのか、援助や協力はどのようにすれば実際に役立つのかなどについても解明します。実験演習や少人数による演習を重視しながら、一人ひとりが着実に学習や実験演習を重ねることによって、深い人間理解に至ることが本専攻の目的です。




学びのポイント

1年次から実験演習科目に取り組む

心理学の勉強では、実験・観察・調査・面接などを体験し、データの取り方、その処理の仕方を身につけることが大切です。心理学専攻では、1年次から4年次まで実験演習の科目をおき、基礎的な実験演習からそれぞれの学生の個別のテーマまで、具体的な実施方法の修得を目指します。

1年次から少人数の演習で学ぶ

演習は、主体的に調べ、発表し、ほかの人の発表を聞き、討論することにより、学び、研究する姿勢を身につけていく重要な学習方法です。1年次の入門的演習を経て、2年次からは自分の関心に沿ったテーマの演習に参加します。少人数グループで自発的に学習する態度を身につけます。


深く人間を理解し自分の関心を追究する

多くの領域の心理学的知見を踏まえて、初めて人間を全体として理解することができます。そのため、認知、知覚、発達、教育、臨床、社会の各心理学、精神保健学、および学際的あるいは隣接の領域など、広い分野における重要なテーマや最新のトピックを取り上げた講義が行われます。

強い関心をもったテーマで卒業論文を作成する

卒業論文は、自分自身でテーマを決め、指導教員の助言を受けながら、実験や調査、観察または面接でデータを収集し、そのデータに基づいて考察し論文にまとめます。1年次から積み重ねてきた実験演習やほかのすべての学びのまとめとして、卒業論文に真剣に取り組むことは後の大きな力ともなるでしょう。


カリキュラム

人間科学科 心理学専攻の教育目標

心理学専攻は、人間の心のしくみとはたらきの多様性と普遍性を心理学の理論を用いて理解し、個人ならびに人間関係における問題を実証的に分析し対処する力を養い、その専門性を活かして社会に貢献できる人物の育成を目的とする。


4年間のカリキュラム概要


人間科学科 心理学専攻の主な授業内容

心理学の基礎

心理学概論Ⅰ・Ⅱ

心理学の各領域を概観することで、心理学とはどのような学問なのか、理解することを目的とし、心理学の基本的知識を学びます。Ⅰでは、認知心理学と発達心理学の領域を扱い、Ⅱでは、社会心理学と臨床心理学の領域を扱います。

認知心理学

知覚心理学A・B

ものを見る、音を聞くといった知覚の働きについて、デモンストレーションを交えながら解説します。注意、記憶、思考、言語など、より複雑な認知の働きについては「認知心理学(基礎過程)」「認知心理学(高次過程)」で学びます。

発達心理学

発達心理学(情動・社会発達)A・B

情動の発達および社会性の発達、自己の発達を中心に解説し、発達心理 学の発展的な内容を学習します。このほかに、「発達心理学(言語・認知発達)A・B」、「教育心理学(学校教育)」「教育心理学(障がい児教育)」があります。

社会心理学

社会心理学(マクロ)A・B

人々の相互作用から、集合行動、世論、文化など社会の諸相がどのように形作られ、同時にそれらからどのように影響を受けるかについて解説します。他に、社会心理学(個人間過程)A・B、社会心理学(個人内過程)A・Bがあります。

臨床心理学

臨床心理学 (心理療法・カウンセリング)A・B

心理療法の代表的な学派の理論と技法を解説します。心の病や傷、人生の課題に悩んでいる人の臨床心理学的理解と支援を学びます。他に、臨床心理学(コミュニティ・家族)A・B、臨床心理学(不適応・逸脱行動)A・Bがあります。

演習

3 年次演習(心理学)

担当教員の専門領域をテーマとして、その分野の近年のトピックや発展的なテキストについて、文献講読、発表、質疑応答を行います。内容を深く理解するとともに、卒業論文に主体的に取り組む力も育てます。

応用・先端

心理学特論(先端)A・B/(応用)A・B

認知心理学、発達心理学、臨床心理学、社会心理学というオーソドックスな枠に収まりきらない学際的な領域のテーマについて、新しいトピックを取り上げて解説します。

実験演習・研究法

基礎実験演習Ⅰ・Ⅱ

初めて心理学に触れることになる1年次学生が、心理学の方法論を初歩的な実験などの体験を通して理解するための実験演習。実験法、質問紙法、観察法、面接法について学びます。



専任教員(専攻の科目を担当する教員)


2015年度卒業論文・卒業講究題目より

  • ・ 顔と声による情動認知における文化差の発達過程
  • ・ 音から感じるアニマシー ― 音の間隔と大きさがアニマシ―に及ぼす影響 ―
  • ・ “キモかわ”感情が認知的課題に及ぼす影響
  • ・ 音楽聴取によって生起する快感情― ハーモニーの音の数の複雑さが繰り返し聴取における快感情へ及ぼす影響について ―
  • ・ 幼児期における言語習得のカテゴリー化の変化
  • ・ 幼児期における自己調整機能と他者との年齢差の関連
  • ・ 幼児の思いやり的嘘と罪悪感
  • ・ 「自己の色」が映し出すもの
  • ・ 大学生における親密な他者との関係性と自己
  • ・ 女子大学生のアルバイトにおける感情労働傾向とその関連要因― 職務満足感および友人に対する感情表出の制御に着目して ―
  • ・ 大学1年生のホームシックに関する短期縦断的研究
  • ・ 白色と黒色が道徳性判断に与える影響
  • ・ 女性的な意味を持つ衣服を着用することが自己認知と行動に与える影響
  • ・ コーディネートにおけるブランド非統一傾向の実験的検討
  • ・ 見知らぬ他者からの話しかけがポジティブ感情に与える影響― カフェ店員の接客の効果についての検討 ―


2015年度全専攻卒業論文・卒業講究題目一覧


心理学専攻で取得可能な資格

心理学専攻の学生は、所定の課程を修了することで、以下の資格を取得できます。
また法にもとづく免許制度はありませんが、日本語教員養成のための課程も設置しています。


学科専攻教育職員免許状学芸員日本語教員養成課程社会調査士認定心理士
中学校教諭一種高等学校教諭一種
人間科学科 心理学専攻 公民

課程・資格