header

人文学科 日本文学専攻

新たなまなざしで日々の言葉を見直し、自己や社会にとっての言葉の意味を考えます

日本文学専攻では、日本語学・日本文学・中国文学の3部門を柱として、その有機的結合を目指しています。
普段、何気なく使っている言葉を、新たなまなざしで見直すことが、学びのスタート。
文学作品を通じ、言語や作品の分析はもちろん、さまざまな文化事象との関係も学びながら、自己や社会にとっての言葉や言語芸術の意味を深く考えていきます。また日本文学の基層にあり、影響を与え続けている中国文学も重視し、古典から近現代まで、幅広い角度からの考察を進めます。




学びのポイント

日本語に関わることならすべてが研究対象

日本語やその歴史、古典や近現代日本文学の価値、漢字・中国文学と日本文化の関係など、日本語に関わるすべての問題がテーマになりえます。同時代を総合的に見る共時的研究、時代的な推移を追う通時的研究、日本と外国の比較、登場人物や創作者の心理の探求など、さまざまな問題意識に応えます。

伝統的な語学・文学研究と新しい研究領域を融合

言葉の研究や文学研究には、長年の蓄積がある一方、異文化を背景とする文学作品との比較研究や、コンピュータによる言語情報処理、また精神病理学など隣接学問の応用など、新しい研究方法も現れました。本専攻ではこうした伝統的手法と革新的手法を幅広く学び、日本文化に対する洞察力を身につけます。


古代から現代におよぶ多彩なカリキュラムを設置

日本語学部門では、現代日本語をコンピュータによって解析する他、日本語史を資料をもとに調査します。また日本文学・中国文学部門では、古代から現代まで、少人数による多数の演習があり、最新の研究に基づいて議論します。さらに創作論や日本文化論の講義もあり、多面的な学習が可能です。

基礎から専門へと着実にステップアップ

1年次の入門で、日本語学・古典文学・近現代文学・中国文学の基礎を学び、2年次では概論や特殊講義で全体像を把握します。3年次からは学生の選択で各分野に分かれ、演習を主体に研究方法を修得。そして4年次で集大成としての卒業論文を作成します。基礎から専門へ着実に学びを深めることが可能です。


カリキュラム

人文学科 日本文学専攻の教育目標

日本文学専攻は、様々な文化現象との関係を視野に入れながら、日本文化の中での言語・文学の豊かな価値を新たなまなざしで追求し、自ら問題を発見して論理的にものごとを考えることのできる人物の育成を目的とする。


4年間のカリキュラム概要


人文学科 日本文学専攻の主な授業内容

日本語史

日本語史入門

日本語史の一分野である文字史をとりあげ、その史的展開をテキストと補助プリントを使いながら学んでいきます。各時代の代表的な写本の複製史料を読み解きながら、日本語が歴史的にどう変化し、それを変化させた要因とは何かを講述します。

現代日本語

3年次演習(現代日本語)Ⅰ・Ⅱ

日本語学の研究法を学びます。主な先行研究を読んでこれまでの研究の流れを理解すると同時に、個々人の興味に基づいて、先行研究概要の報告、パイロット調査の報告などを行い、卒業論文で扱うテーマを決定していきます。

日本古典文学

日本文学(中世)BⅡ

この授業では、兼好法師の『徒然草』を精読し、その文学的特質を学んでいます。精読といっても、教員が一方的に講義することはほとんどありません。各話の勘所を、2~4人の学生グループで議論し、その過程をクラス全体でシェアし合うことで本質に近づいていきます。古典文学を主体的に学ぶ姿勢を獲得することを目指しているのです。

日本近現代文学

日本文学(近現代)AⅠ

日本近現代文学(映画・芝居・マンガなども含む)を対象に、ジェンダー・身体の性・セクシュアリティという視点からの読み直しを図ります。分析にあたっては、特にその表現特性に着目するとともに、表現内容が時代意識や文化構造とどのような相関関係にあるかを考えていきます。

中国文学

中国文学演習(古典)A1

『詩経』の読解を通じて、中国古代の文学の特質について考察します。『詩経』所収の個々の作品をいくつかの類似したテーマのもとに分類し、それらの作品の背後にある古代人の発想や認識の特徴について考えます。その際、漢代以来の解釈や近代以降の研究の成果を踏まえるとともに、『楚辞』との比較なども行うことで、『詩経』の文学的特質を明らかにすることに努めます。

日本語情報処理

言語情報処理Ⅰ

プログラミング言語Perlを用いた日本語テキスト処理の基礎を初歩から学びます。テキストデータから必要な用例を抽出したり、用例の数を検索したりします。国語学・言語学の研究に役立つ実用的なプログラム作成のスキルを身につけることが、本講義の目的です。

臨床文学論

日本文学(近現代)BⅠ

近代文学が好んで描出した自己イメージのひとつに<分身>があります。本講義では昭和初期から1970年代までの日本近現代文学作品を対象として、分身小説の系譜をたどります。それぞれのテクストに表されている<分身>が臨床的知見とどのように重なり、あるいはずれ、その結果どのような文学的特性と意味を持っているかを明らかにしていきます。

比較文学

日本文化学演習B1・B2

近世から現代にいたる日本文学にあらわれた西欧像、西欧への意識を検討し、日本人にとって西欧文明がどのような意味を持ったのか議論していきます。



専任教員(専攻の科目を担当する教員)


2015年度卒業論文・卒業講究題目より

  • ・ 映画タイトルの邦題
  • ・ 評論・随筆の文体研究
  • ・ 日本語の曖昧性―要求に対する「断り」表現
  • ・ 『土左日記』の日本語史的研究―平仮名の仮名字母を視点として―
  • ・ 言文一致の研究―国定教科書における口語文の文末辞を視点として―
  • ・ 色彩語研究―樋口一葉『闇桜』から『たけくらべ』まで―
  • ・ 『万葉集』研究―夢歌と恋―
  • ・ 『日本現報善悪霊異記』研究―牛にまつわる説話から―
  • ・ 『源氏物語』研究―母としての六条御息所―
  • ・ 『とりかへばや物語』研究
  • ・ 『平家物語』研究―覚一本が描く清盛像―
  • ・ 『徒然草』研究―第二十六段について―
  • ・ 江戸遊廓の女性たち―揚巻・小万・八ツ橋―
  • ・ 『怪談牡丹燈籠』研究
  • ・ 『雨月物語』研究―配列からみる各話の関係と秋成が描きたかったもの―
  • ・ 日本近現代文学における桃源郷
  • ・ 日本近現代文学におけるイエスとユダ
  • ・ 川端康成研究―「純粋の肉体」から見る舞踊観―
  • ・ 太宰治研究―翻案作品から見る人間観―
  • ・ 宮沢賢治研究―「弱者」に与えられた役割について―
  • ・ 小川洋子作品研究―書くことで〈寄り添う〉「私」の物語―
  • ・ 松浦理英子『犬身』分析
  • ・ 『詩経』研究―降霊詩と「君子」―
  • ・ 白居易飲酒詩研究
  • ・ 『莎菲女士的日記』研究


2015年度全専攻卒業論文・卒業講究題目一覧


日本文学専攻で取得可能な資格

人文学科 日本文学専攻の学生は、所定の課程を修了することで、以下の資格を取得できます。
また法にもとづく免許制度はありませんが、日本語教員養成のための課程も設置しています。


学科専攻教育職員免許状学芸員日本語教員養成課程社会調査士認定心理士
中学校教諭一種高等学校教諭一種
人文学科 日本文学専攻 国語 国語

課程・資格