header

リベラル・スタディーズ(2018年度以降入学者用)

「リベラル・スタディーズ」は、学科・専攻の専門領域を超えて学ぶ探究心を育てる「総合教養科目」、体験的・実践的な学びを通して女性リーダーを育成する「挑戦する知性科目」、東京女子大学の根幹であるキリスト教と建学の精神を学ぶ「キリスト教学科目」で構成されます。



総合教養科目

女子大学としての特色を活かした「女性の生きるカ」、「女性のウェルネス」の2領域と、人間とそれを取り巻く世界を学ぶ「人間と自然科学」、「人間自身を知る」、「人間の知的生産」、「人間社会の仕組みと問題」の4領域の計6領域からなる科目群です。総合教養科目には、教育職員・学芸員・日本語教員などの資格取得のための科目、国家試験の準備のための科目も含まれています。


女性の生きる力

男女共同参画社会の一員として、女性の自立的社会参加の基盤となる知見を身につけ、女性が直面する現代社会の諸問題に対応する能力を培います。


女性学・ジェンダーを学ぶ 女性とジェンダーの歴史 キャリアデザインを描く 政治とジェンダー
国際協力とジェンダー 国際社会と女性の人権 現代の家族とジェンダー 女性のウェルビーイング
女性と福祉 女性と表現 総合教養演習(女性の生きる力)

は選択必修科目


人間と自然科学

人間とそれをとりまく自然界を科学的に理解します。


自然科学のあゆみ 現代の科学と技術 くらしの中の物質 エネルギーと人類
宇宙の科学 地球の科学 地球環境の科学 自然環境と人間社会
生物と環境 生命と医療の科学 人類の誕生と進化 脳の科学
遺伝の科学 数学の世界 情報の数学 代数と幾何の基礎
代数と幾何の考え方とその応用 微分と積分の基礎 微分と積分の考え方とその応用 確率統計の基礎
総合教養演習(人間と自然科学)

は選択必修科目


人間自身を知る

「人間とは何か」に対して、さまざまな角度から考える力を身につけます。


こころの科学 こころと社会 こどものこころ こころの健康
こころの進化 思考と論理 科学技術と倫理 現代人の哲学
西洋の哲学のあゆみ 東洋の哲学のあゆみ 比較思想 宗教学
日本宗教史 宗教と現代社会 総合教養演習(人間自身を知る)

は選択必修科目


人間の知的生産

人間の長い知の営みの中で築かれてきた歴史や文化をさまざまな角度から捉える力を身につけます。


ことばの世界 日本の文学 児童文学 比較文学
比較文化 宗教音楽 音楽芸術 音楽史
美術論 映像論 舞台芸術論 日本文化史
日本の伝統芸能 世界の地域と民族 ヨーロッパの歴史と文化 アメリカの歴史と文化
ラテンアメリカの歴史と文化 アジアの歴史と文化 民俗学 歴史の見方
現代史の諸相 アーカイブの世界 総合教養演習(人間の知的生産)

は選択必修科目


人間社会の仕組みと問題

人間社会の仕組みを理解し、社会生活において合理的な意思決定をする力を身につけます。


日本国憲法 公共政策と法 市民社会と法 国際社会と人権
自治と行政 社会学と現代社会 地域社会論 社会保障と社会福祉
情報と社会 現代社会と教育 近現代日本の政治史 国際社会と日本
平和学 ヨーロッパの比較政治 アジアの比較政治 日本の産業と企業
日本経済のしくみ グローバル経済のしくみ アジアの経済事情 国際金融と貿易
統計のしくみ 統計分析を学ぶ エネルギー産業と国民生活 総合教養演習(人間社会の仕組みと問題)

は選択必修科目


女性のウェルネス

女性の生涯の健康を支える身体や身体運動に関する正しい知識と技能を身につけます。


女性のウェルネス・身体運動Ⅰ 女性のウェルネス・身体運動Ⅱ からだの科学 発育と発達
栄養と健康 現代社会と身体 女性の健康科学 性と生命(セクソロジー)
女性の心身コンディショニング スポーツA スポーツB スポーツC
スポーツD フィジカルエクササイズA フィジカルエクササイズB フィジカルエクササイズC
身体表現A 身体表現B 身体表現C

は必修科目 ■は選択科目


挑戦する知性科目

「知力(知識)を行動力にするリーディングウーマン」、「国際的な視野をもった地球市民としての女性」、「キャリアをカスタマイズする女性」の育成を目指します。

そのために、海外の諸機関で国際的・現代的諸問題について英語で学ぶ科目、企業や自治体と連携して実社会の課題解決に取り組む実践的な科目、外国語の運用能力を駆使して説得的に自己発信する力を養う科目を開講しています。


Point 1

体験的・実践的な学びを通して、一歩前に踏み出すカ、考え抜く力、多様な人々と協働する力を養成します。挑戦する知性科目は必修ではありませんが、社会人に求められる基礎力を高める科目として、多くの学生に履修を勧めます。

Point 2

イギリス政府の公的な国際交流機関であるブリティッシュ・カウンシルと協力して本学用に特別に開発した教材を使って、英語を母語とするブリティッシュ・カウンシルの教員が、英語を用いてクリエイティヴな仕事ができるよう徹底的に指導する「英語特別プログラム」を開講しています。クラスは約15名の少人数で、本学独自の授業です。

Point 3

国連本部での国連職員によるブリーフィングと質疑応答・意見交換、国連ガイドツアー、日本代表部訪問、国連で働く日本人職員との交流など、女性が国際的な舞台で活躍することの意味を直に学ぶ「ニューヨーク国連研修」や女性起業家育成講座など、体験的・実践的プログラムも実施しています。


授業科目

ニューヨーク国連研修 ケンブリッジ教養講座 PBLキャリア構築プログラム 英語特別プログラム
Critical Thinking演習 発話・パフォーマンス演習 討論演習1 討論演習2
Total Presentation演習1 Total Presentation演習2

■は選択科目 はキャリア・イングリッシュ課程履修者のみ履修可


ケンブリッジ教養講座


2016年度国連研修(参考)


キリスト教学科目

1年次必修科目では、聖書に関する基本的知識を学んだ上で、建学の精神との関わりを深く理解し、東京女子大学でキリスト教について学ぶことの意義を踏まえ考える心を育てます。2年次からの選択必修科目・選択科目では、キリスト教の歴史や思想、キリスト教と芸術・文化・現代社会との関わりなど、キリスト教をめぐる多彩なテーマを学ぶことができます。