header

教育方針(2018年度以降入学者用)

東京女子大学の教育方針への理解を深めていただくために、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーを定めています。



目的

現代教養学部は、広い識見と創造性を有し、専門性をもつ教養人として、現代社会の多様な課題を主体的に解決しうる人物の育成を目的とする。


ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

東京女子大学は、建学の精神であるキリスト教精神に基づくリベラル・アーツ教育により、「専門性をもつ教養人」として人類・社会の問題解決に貢献し得る女性を育てるために、以下の資質・能力を身につけ、かつ、学則に定める所定の単位を修得した学生に、卒業を認定し、学位(学士)を授与します。


  • 1. 人間・社会・自然に対する理解を深め、広範で多様な知識を身につけている。
  • 2. 自分の専攻分野に関する方法論と専門知識を身につけ、さらに自分の専攻分野に隣接する分野について基本的な内容を理解している。
  • 3. 知識を活用し、論理的思考力に基づいて、問題を発見し、解決する能力を身につけている。
  • 4. 他者の表現を適切に理解し、自らの考えを論理的に表現し、建設的な議論を行うことができるコミュニケーション能力を身につけている。
  • 5. 異なる考えや意見を受け入れる力を身につけ、多文化共生社会への理解を深め、他者を尊重し協働できる力を身につけている。
  • 6. 主体的に学び続け、自己を確立し、自らのキャリアを構築する姿勢を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

東京女子大学は、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)に掲げる資質・能力を修得させるために、以下の方針に基づいて、全学共通カリキュラムと学科科目を2つの柱とするリベラル・アーツ教育を行います。


【教育課程の編成】

  • 1. 広範で多様な基礎的知識と基本的な学習能力の獲得のために、「リベラル・スタディーズ」と「アカデミック・スキル科目」の2つの科目群からなる全学共通カリキュラムを編成する。
  • 2. 専門的な方法論と知識を学ぶために、学科科目を体系的かつ順次的に編成する。
  • 3. 授業科目の到達目標・内容に応じた多様な形態の授業科目(講義科目、演習科目、実習科目)を配置する。

【教育内容・方法】

  • 4. 実践的な議論を通じて、知識の活用能力、論理的思考力、問題発見・解決能力、コミュニケーション能力、他者を尊重し協働できる力を養うために、全学年を対象に、参加型の少人数教育を行う。
  • 5. 本学における学修の基盤となる基礎学力及び学習方法を習得し、主体的な学びの姿勢を養うために、アクティブ・ラーニングによる初年次教育を行う。
  • 6. 女性の自己確立とキャリア探求の基礎をつくるために、女性学・ジェンダー的視点に立つ教育を行う。
  • 7. 自分の専攻分野以外の学問領域への関心を広げ、学際的視点を養う全学共通の教育プログラムとして、日本語教員養成課程、キャリア・イングリッシュ課程、副専攻を設置する。
  • 8. 教育成果の段階的な測定とそれに基づく適切な学習指導を行うため、4年次学生を、卒業研究を行うことが可能な者と位置づけ、全学科で3年次から4年次への進級条件を設ける。

【学修成果の評価】

  • 9. 学士課程の集大成としての卒業研究(卒業論文、Final Presentation、講究)を全学科必修とし、目標とする資質・能力を身につけることができたかを、ルーブリックを用いて評価する。
  • 10. 本学のリベラル・アーツ教育の学修成果について、直接的指標と間接的指標を用いて、多角的観点から評価を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

東京女子大学では、その教育理念、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)及びカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)のもと、自ら考え行動しようとする学習意欲の高い女性を求めます。
多様な経歴・目的意識をもった女性に広く門戸を開いています。


国際英語学科

本学科は、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)及びカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に定める教育を受けるために高等学校の教育課程の内容を幅広く修得し、次に掲げる知識・技能、能力、目的意識・意欲を備えた女性を求めます。


  • (1) 英語の基礎的運用能力と自分の考えを英語で表現する力を身につけている。
  • (2) 日本語の的確な理解力や表現力を身につけている。
  • (3) 歴史や現代社会についての基礎的な知識や数学的な思考力を身につけている。
  • (4) 知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。
  • (5) 国際的共通語としての英語とその言語文化の広がりに興味を持ち、英語の実践的かつ高度な運用能力を活かして世界に向けて発信し、社会に貢献したいという意欲がある。

人文学科

本学科は、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)及びカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に定める教育を受けるために高等学校の教育課程の内容を幅広く修得し、次に掲げる知識・技能、能力、目的意識・意欲を備えた女性を求めます。


  • (1) 日本語(古典も含む)の読解力と、それに基づいた確かな表現力、及び、外国語(英語)の基礎的な運用能力を身につけている。
  • (2) 歴史や現代社会についての基礎的な知識や数学的な思考力を身につけている。
  • (3) 知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。
  • (4) 人文学(哲学・文学・史学)に興味を持ち、人文学に関する知識と能力を活かして、社会に貢献したいという意欲がある。

国際社会学科

本学科は、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)及びカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に定める教育を受けるために高等学校の教育課程の内容を幅広く修得し、次に掲げる知識・技能、能力、目的意識・意欲を備えた女性を求めます。


  • (1) 日本語の的確な理解力や表現力、外国語(英語)の基礎的な運用能力を身につけている。
  • (2) 現代社会や歴史についての基礎的な知識や数学的な思考力を身につけている。
  • (3) 知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。
  • (4) グローバルな視野をもって地域社会から国際社会に至る幅広い問題に興味を持ち、社会科学に関する知識と能力を活かして、社会に貢献したいという意欲がある。

心理・コミュニケーション学科

本学科は、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)及びカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に定める教育を受けるために高等学校の教育課程の内容を幅広く修得し、次に掲げる知識・技能、能力、目的意識・意欲を備えた女性を求めます。


  • (1) 日本語の的確な理解力や表現力、外国語(英語)の基礎的な運用能力を身につけている。
  • (2) 現代社会や歴史についての基礎的な知識や数学的な思考力を身につけている。
  • (3) 知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。
  • (4) 人間の心理と行動、コミュニケーションについて興味を持ち、心理学やコミュニケーションに関する知識と能力を活かして、社会に貢献したいという意欲がある。

数理科学科

本学科は、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)及びカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に定める教育を受けるために高等学校の教育課程の内容を幅広く修得し、次に掲げる知識・技能、能力、目的意識・意欲を備えた女性を求めます。


  • (1) 数学や理科に関する基礎的な知識と数学的な思考力を身につけている。
  • (2) 知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。
  • (3) 日本語の理解力や表現力、外国語(英語)の基礎的な運用能力を身につけている。
  • (4) 数学や情報科学に興味を持ち、数理科学的知識と柔軟な論理的思考力及び技術を活かして、社会に貢献したいという意欲がある。