header

国際英語学科(2018年度以降入学者用)

国際共通語としての英語を学び、英語による文学、背景となる文化、言語としての英語の特色について多面的に学ぶとともに、英語教育や翻訳・通訳などの実践的分野の力を育てます。




カリキュラム

3つのコースを横断的に学べます

学生は原則、2年次後期に半年間の留学(Study Abroad)が必修です。3つのどのコースに進んでも留学が学びを深める原動力になります。


国際英語学科の教育目標

国際英語学科は、国際共通語としての英語とその言語文化の広がりを専門的に考究し、英語の実践的かつ高度な運用能力と発信力を身に付けることを通して、世界の諸地域や国際化が進む日本国内の各地域で社会の発展に貢献できる人物の育成を目的とする。


国際英語学科のカリキュラムの特色

国際共通語としての英語とその言語文化の広がりを専門的に考究するとともに、国際的な視野に立った実践的教育を行います。専門的な方法論と知識を体系的に学ぶため、1年次から4年次まで必修の演習科目を軸にしたカリキュラムになっています。英語力については、1年次から3年次までspeaking、listening、writing、readingの訓練を行います。専門的な学習としては、イングリッシュ・スタディーズ、英語教育、英語キャリアの3つのコースがあります。


イングリッシュ・スタディーズ・コース

このコースでは

○確かな論理力と深い洞察力を養う
○国際社会で活躍できる人材育成

上記を目標に、国際共通語としての英語への感性を高めていきます。英語学のさまざまなアプローチを学び、ことばを考え、カルチュラル・スタディーズの理論や実践を通して新しいものの見方を発見し、文学テクストで人間や社会を考察します。緻密なテクスト分析や地道な資料収集から出発し、大きな文脈で人間と世界を見すえる視野と思考力、知性と感性を育てます。

英語教育コース

このコースでは

○英語の4技能の実践的な運用能力をバランスよく身につけること
○グローバル化に対応した国際的な視点を備えた英語教員を育成すること

上記を目標に、英語教育学と第二言語習得理論を中心に、英語教育に携わる人に必要とされる資質・能力を高めていきます。また、子どもたちに英語を教える児童英語教育のインストラクターや中学校・高等学校の英語教員として、将来を生きる子どもや中高生の英語力を高めることに献身できる女性を育成します。

英語キャリアコース

このコースでは

○英語の実践的運用能力習得
○英語力を活かした国際社会への貢献

上記を目標に、その2つをつなぐさまざまな道筋を考え、これを実現するための実力を養います。通訳や翻訳、国際機関での活動などを念頭に置きつつ、英語によって人と人をつなぎ、異なる国や社会の間での交流を深めていくために必要な広い視野と柔軟な思考力、専門的な知識と豊かな感性を育てます。



進路状況(2018年3月卒業生)

※人文学科英語文学文化専攻卒業生のデータです。


学科専攻卒業者数就職希望者数就職者数(就職率※)進学者数その他
人文学科 英語文学文化専攻 121 108(89.3%) 107(99.1%) 4(3.3%) 9(7.4%)

※ 就職率 = 就職者数/就職希望者数(%)