header

心理・コミュニケーション学科 心理学専攻

科学的なアプローチを学びながら心のはたらきを知り、人間を深く理解します

基礎、社会、発達、臨床の4分野を基盤にして多角的に学びます。心理学の研究では、見る、聞く、考える、記憶する、話す、よろこぶ、悩むなど、人のあらゆる心のはたらき、行動のメカニズム、誕生から死までの生涯発達のプロセスなどが対象となります。それらを実験や観察、調査、面接を通して科学的・実証的に明らかにします。さらには、人々が個や集団でどのように影響を与え合うのか、悩む人に実際に役立つ支援についても考えていきます。実験・実習や少人数による演習を重視しながら、心をとらえる視点と方法を一人ひとりが着実に身につけ、現代社会に生きる人間の心の諸問題を解決する力を養うことを目指します。


本学心理学専攻は公認心理師に対応します。

学部・大学院ともカリキュラムを準備中です。

なお大学院については、引き続き臨床心理士の資格取得ができる課程も維持します。




学びのポイント

人の行動・対人関係・社会を支える心のはたらき

見る・聞く・感じるという低次から思考・判断といった高次までの心のメカニズム、他者との関わり、集団の中での心のはたらき、発達や変化の過程とその仕組みの理解、さらには障がいや悩みを抱えた心とどう向き合うかなど、人間のあらゆる活動を支える“心”について、多角的に扱います。


科学的・客観的アプローチで心に迫る

心理学では、仮説を立てて、実験、調査、観察、面接などの客観的な方法でデータを集め、統計的な分析を行い、仮説を検証するという実証研究によって心の謎に迫ります。研究手法と統計分析を段階的に学び、卒業論文ではオリジナルな実証研究に取り組みます。


カリキュラム

トピックス

・1年次から実験演習と心理検査実習に取り組みます

・人の心のはたらきを多角的に探究します

・公認心理師資格に対応予定です


4年間のカリキュラム概要

心理学専攻カリキュラム


身につく力


  • ・心という目に見えない対象に、科学の手法で迫る力
  • ・心の問題から現代社会の課題を読み解く力
  • ・統計処理、プレゼンテーションなど、社会でも役立つスキル

主な授業内容

心理学の基礎

心理学概論
基礎心理学概論/社会心理学概論
発達心理学概論/臨床心理学概論

心理学概論では、心理学とはどのような学問なのか理解することを目的とし、心理学の各領域の基礎的知識を学びます。心理学の4分野の概論は、特殊講義を理解するための導入的な位置づけとして、各分野の基礎となる理解を養います。

心理学の基礎

心理学統計法1・2

心理学の実証研究に不可欠な心理統計について学びます。統計的知識、データ整理および統計分析に関して、理論から実践まで幅広く理解することにより、基礎的な論文作成の技法を習得することを目指します。

基礎心理学

知覚心理学

ものを見る、音を聞くといった知覚の働きについて、デモンストレーションを交えながら解説します。他に、注意・記憶は「認知心理学」、思考・言語は「思考心理学」、こころと脳・身体の関連は「生理心理学」で学びます。

発達心理学

発達心理学(情動発達)

子どもが他者の感情を理解する過程や、自分の感情をコントロールする過程について発達心理学の観点から解説します。他に、「発達心理学(社会発達)」、「発達心理学(認知発達)」、「教育心理学」があります。

臨床心理学

家族心理学

家族というまとまりとつながりに関する理解や、そこで抱えられやすい課題とその支援のための手続きや技術について、心理臨床の立場から解説します。他に、「心理療法論」、「学校臨床心理学」などがあります。

社会心理学

社会心理学(対人過程)

対人関係に関わる心理や周囲の他者や社会との関わりのなかで生まれる心理について、主要なトピックを解説します。他に、「社会心理学(個人内過程)」、「社会心理学(マクロ・集団)」などがあります。

演習

心理学実験入門

心理学の実験とは?といった疑問から始め、なぜ心理学では実験が重要なのか、心理学における実証研究の意義について実際に実験を体験しながら学びます。実験・実習科目を学ぶための基礎を身につけます。

演習

2年次演習(心理学)A・B

「1年次演習」を踏まえて、心理学の基礎的な内容を題材とした演習を行います。担当教員の専門領域をテーマとして文献講読や発表と質疑応答の訓練を行い、取り上げたテーマを深く理解する力をつけていきます。「3年次演習」はより発展的な内容を扱い、「4年次演習」では卒論担当教員のゼミに分かれて実験・調査を進めていきます。

応用・先端

心理学特殊演習(先端)/(応用)

基礎心理学、社会心理学、発達心理学、臨床心理学というオーソドックスな内容を超えた応用的なテーマや、現代社会で問題となっている新しいトピックについて学びます。

実験演習・実習

心理学実験演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

心理学の各領域における研究法(実験法、観察法、質問紙調査法、面接法など)について、実際に体験しながら実習形式で学びます。統計解析やレポートの執筆方法についても実践的に学びます。

実験演習・実習

心理検査実習Ⅰ・Ⅱ

観察法,面接法、ならびに性格検査や知能検査について、検査者と受検者の役割を実際に体験しながら、それぞれの技法の理論と具体的な実施方法、結果のまとめかたを学んでいきます。

実験演習・実習

心理学特殊実験演習

3年次後期の2コマつづきの科目。卒業論文の準備段階から実際に論文を作成する過程で必要な知識とスキルを習得します。問題意識を明確にし、それに基づいてテーマを絞り、具体的に研究計画を立て研究を実施していきます。


専任教員(専攻の科目を担当する教員)


2016年度卒業論文題目より

  • ・ マキシマイザーの選択後の後悔を低減する方法の実験的検討
  • ・ 頻度表現と割合表現の違いが数の過大過小判断に与える影響
  • ・ 幼児の危険認識の発達
  • ・ 幼児期における他者の見かけの感情表出の理解
  • ・ Twitterでの社会的な共有体験
  • ・ 見知らぬ他者の笑顔が状態自尊心に与える影響
  • ・ Pepperの感情表出は人間の社会的行動を引き出せるか
  • ・ ヒトと動物の感情表現に対する多感覚知覚
  • ・ 「満たされない自己」と攻撃性の関連  ~不合理な信念を媒介変数として~
  • ・ 女子大生における親子接触経験と自尊心
  • ・ 高校生の受験勉強を促す言葉かけの形式と予想される効果の関連
  • ・ 女子大生における関係的自己の可変性 ~自己変化肯定群と自己変化葛藤群の比較~
  • ・ 中高生の「ネットいじめ」における第三者の心理
  • ・ 女子大生における過敏体験と離人体験 ~解離性体験との関連の検討~


2016年度全専攻卒業論文・卒業研究題目一覧


取得可能な資格

心理学専攻の学生は、所定の課程を修了することで、以下の資格を取得できます。


学芸員

認定心理士

 ※今後、新しい国家資格となる公認心理師にも対応予定です。


課程・資格