header

国際社会学科 社会学専攻(2018年度以降)

ふだんは気づかないけれどもいつもそこにある巨大な謎、それが社会
この強敵に挑む力を鍛え上げる

まず、私たちの暮らしがいかに謎で満ちあふれているかに気づいてもらうことから出発します。そうすると、高齢化、移民、貧困、差別、福祉、育児、介護、労働といった事柄はもちろん、アート、趣味、スポーツ、身体や感覚、衣食住など、ありとあらゆるものに問題が存在していることがわかってきます。次のステップは、さまざまな情報を集めてじっくり分析できるようになること。そして最後に、自分なりの答えを出し、他者と共有することをめざします。多様な講義で社会を多面的にとらえる力を養いながら、演習や実習では、問いかけの力と読み解きの力、情報収集の力、答えを導き出す力、導き出した答えを他者に伝えていく力を磨きます。



学びのポイント

わけのわからない世界に、一筋の道をつける

21世紀を迎え、激動する世界情勢と同様、私たちの生活も大きく揺れ動いています。何が大事なことなのか。自分はどう働いていくか、どう生きていくか、誰を好きになるか/ならないか。要するに、自分は誰か、どんな社会に生きているのか…。謎だらけのこの時代に、本当に問うべき問いを見つけ、答えを探していきます。


問いを立てる力と社会調査の技法が武器になる

社会学専攻では多岐にわたる領域について多くの講義を用意していますが、大切なのは「いろいろなことを学ぶ」ことよりもむしろ、「いろいろなことに謎を見いだし、それを解き明かしていく」ことのほうです。このような考えのもと、講義では知識を、演習や実習では自らこの世界に働きかけていくための力を身につけます。


カリキュラム

トピックス

・社会へのあなたの関心・無関心を受けとめ、「学問」していきます

・さまざまな質的・量的社会調査の技法を深く学べます

・「社会調査士」の資格取得を強力にバックアップします


4年間のカリキュラム概要

社会学専攻カリキュラム


身につく力


  • ・当たり前の物事に謎を見いだす力
  • ・人の話や数値データから何かを発見する力
  • ・自分の意見や主張を効果的に他者に伝える力

主な授業内容

社会学

3年次演習(社会学)Ⅱ

3年次演習では、それまで学んできた社会学の基礎を踏まえて、個別の専門領域に関する学問的考察を深めていきます。また、それと並行して、文献探索・プレゼンテーション・ディスカッションなどの技法を修得します。

社会学

現代社会論

社会学独自の現代社会のとらえ方について、理論や具体的な現象に関する研究を素材に学ぶとともに、現代社会で起こっているさまざまな現象や問題に対して、社会学を用いて切り込んでいきます。

女性学・ジェンダー

福祉社会学

社会問題や生活問題が生起する社会経済的背景やこれらへの社会的対応である社会保障や社会福祉政策を、ジェンダーアプローチによって検討します。福祉社会学とジェンダーのかかわりを概説した上で、家族・労働、児童福祉、母子・父子福祉、高齢者福祉などの各論的テーマを考察します。

女性学・ジェンダー

労働社会学II

学卒後のキャリアの変化、ワーク・ライフ・バランス、雇用形態と働き方の多様化など、働くことをめぐるさまざまな論点について性別という観点から考察する中で、現代の労働世界が抱える問題点や、両性にとって労働世界をよりよいものにしていくための手掛かりを探ります。

グローバル社会

国際社会学

現代社会の重要な徴候としてのグローバル化について、労働力、企業組織、コミュニケーション、消費、都市など多様な側面に注目しながら、グローバル化の下での国民社会、国民国家、ナショナリズム、世界システム、サブ・ナショナルな単位と関わるエスニシティ、地域主義の動向を考察します。

グローバル社会

比較社会学

人口の増減と移動、工業化・脱工業化など社会変動と関連づけながら、人々の価値観やライフスタイルの多様性について学びます。農村から都市への人口移動とともに工業化が進む中国、脱工業化のなかで海外から移住労働者を受け入れる韓国を対象に考察します。

産業と組織

組織社会学

現代の組織経営を社会学的視点から見ていくことによって、社会と組織の関係を考え、産業や経営への理解を深めることを目標とします。組織社会学の理論と方法をもちいて、企業集団の諸形態、企業経営の組織構造、経営管理と経営者、人的資源の管理と開発、市場とマーケティングなどのテーマを扱います。

少子高齢化

ライフコースの社会学

急速に進む日本の少子高齢社会を理解し、今後の課題を考えます。少子化と高齢化、エイジングの社会学、職業からの引退と社会参加、高齢者と経済生活、高齢者と家族などの観点から、個人レベルの加齢が社会的集団に与える影響、地域社会や社会政策の課題などについて学んでいきます。

少子高齢化

家族社会学Ⅱ

世界規模で進む少子化について、その実態や背景にある社会的変化、さまざまな国々の対応とその効果を確認することを通して、現代家族の置かれた状況や子どもを持つことに関する人々の経験を把握するとともに、今後、家族という社会的集団を社会はどう位置づけていくべきかを考えます。

社会調査

社会調査法A・B・C

社会学では、社会に対する研究者の価値関心、社会を説明する理論、社会を把握する調査方法の三者が密接に関係します。古典的研究や現代的研究を参考に社会学と社会調査の関係について考え、量的調査、質的調査の基本的な考え方、調査の構想からデータの集計、分析までの一連のプロセスを学びます。

社会調査

社会調査実習Ⅰ・Ⅱ

学生自身の問題関心を考慮したテーマの下、現代社会の問題につき、インタビュー調査やフィールドワーク、アンケート調査、既存の調査の再分析などを組み合わせ、解明を試みます。調査の企画から実施、データ分析、報告書の作成まで、学生自身で取り組みます。

福祉社会

臨床社会学

社会学は、単に社会について考察するだけでなく、社会の生成や再生の現場に立ち会うことも志向します。そのような視点を特に強く打ち出す臨床社会学の視点を、生と死をめぐる人間の脆弱さ、病や障害、さまざまな生きづらさや困難を抱える人々の経験、および医療や福祉、共助などによる支援と支え合いの現場をめぐる諸問題を扱うなかで理解します。

福祉社会

福祉社会学

社会福祉の概念、福祉の発展の歴史、世界各国における福祉の現状と福祉社会の課題を学びます。国際比較の視点や具体的な事例紹介によって理解を深め、現代社会における福祉社会の課題、福祉社会の目的、福祉社会と市民参加の問題などを考察していきます。

文化

文化社会学

社会学では、人と人とを結びつけたり、隔てたりすることで、一定の社会秩序をもたらす規範として「文化」をとらえます。この視角を基本に据えながら、文化と社会の関係、文化の階層構造、特定の文化のもとでの生きられた経験、マイノリティ文化などのキーテーマの検討を通じて、現代社会の文化について批判的に考察する目を養います。


専任教員(専攻の科目を担当する教員)


2017年度卒業論文題目より

  • ・差別と排外の国際社会学 ―国境を越えた人々の声とアイデンティティ形成―
  • ・勤勉・努力主義・仕事観 ―働きすぎへ向かうメカニズムとプロセス―
  • ・障害者の社会的世界 ―障害者理解への道程―
  • ・サードプレイスとしての地縁 ―西荻フィルターの向こうへ―
  • ・墓を継ぐ ―現代における継承の問題―
  • ・高齢者の社会参加活動とその背景 ―「何となく」で見つけた生活の軸と生きがい―
  • ・現代日本における社会的孤立 ―孤独死の予防と対処―
  • ・2.5次元の社会学 ―循環する愛とメディアミックス―
  • ・道徳と不道徳のあいだ ―不倫からみる現代の若者の境界線―
  • ・東南アジアにおける国際協力と社会資本形成 ―インフラ整備の課題と社会的影響―
  • ・「メイク」する ―雑誌『non-no』からみる化粧の目的と意味―
  • ・国籍は必要か ―日本の国籍問題から考える―
  • ・祭りと地域づくり ―祭りで地域につながりを生むことはできるのか―
  • ・よく生きることの社会学 ―モデルのない時代における若者の人生観―
  • ・少年の語られ方 ―親殺しから、「成長物語」なき寛容社会へ―
  • ・体毛処理の社会学
  • ・現代日本における移住労働者の生活様式と意識 ―東アジア・東南アジアの地域間移動を中心に―
  • ・再魔術化する社会
  • ・現代アートの社会学 ―裏側からみるアートの力―


2017年度全専攻卒業論文・卒業研究題目一覧


社会学専攻で取得可能な資格

社会学専攻の学生は、所定の課程を修了することで、以下の資格を取得できます。


社会調査士

教育職員免許状(一種免許)

  • ・中学校(社会)
  • ・高等学校(地理歴史・公民)

学芸員


実績紹介