header

授業時間・休講・欠席


授業時間

時間割

1時限 9:00~10:30
礼拝 10:35~10:50
2時限 10:55~12:25
3時限 13:15~14:45
4時限 14:55~16:25
5時限 16:35~18:05

前期宗教週間期間の時間割(1時限及び2時限の授業時間を短縮)

本学では、建学の精神であるキリスト教主義に基づき、「宗教週間」を設けています。
前期宗教週間中の5日間に限り、1時限と2時限の通常時間を変更し、礼拝時間を35分間に延長します。

  • ※ 後期宗教週間期間は授業時間の短縮を行いません。

1時限 9:00~10:20(10分早く終了)
礼拝 10:25~11:00
2時限 11:05~12:25(10分遅く開始)
3時限 13:15~14:45
4時限 14:55~16:25
5時限 16:35~18:05

休業・休講

休講情報は、2号館1階ロビーの学務課休講掲示板に掲示します。CampusSquareの休講・スケジュールでも確認できます。
「学年暦」に記載の休業・休講については改めて掲示しませんので、各自確認して下さい。


在学生の方向けトップへ


交通機関のストライキおよび事故・災害等により交通機関が運行停止になった場合

ストライキおよび事故・災害等により交通機関が運行停止になった場合にも、可能な限り授業を実施することを原則とします。
ただし、首都圏のJRのうち中央線・総武線・山手線の3の路線が、ともに全面的に運行停止となった場合に限り、次の措置をとります。


中央線・総武線・山手線の3つの路線が
全面運行停止・解除時刻
授業の取扱
午前6時までに解除・復旧の場合 平常通り授業を行います。
午前6時から午前10時までに解除・復旧の場合 午前中は休講、3時限より授業を行います。
午前10時を過ぎても解除・復旧されない場合 全日休講とします。

暴風警報または大雪警報が発表された場合の授業措置

暴風警報または大雪警報が発表された場合に、休講措置をとる場合があります。休講措置の決定は、掲示、全館放送、Webサイト等で周知します。

  • ※ 警報の発表により自動的に休講とはしませんので注意して下さい。

感染症に罹患または罹患の疑いがあると診断された場合

インフルエンザ、麻疹等の「学校において予防すべき感染症(学校保健安全法施行規則第19条の規定による)」にかかった場合は、登校せず、速やかに医療機関を受診し、ただちに保健室に連絡してください。

  • 1. 医療機関を受診して、「学校において予防すべき感染症」に罹患または罹患の疑いがあると診断された場合は、保健室または学務課に必ず、すぐに電話連絡をし、指示を受けてください。
  • 2. 治癒・安全が確認されるまで(主治医の登校許可が出るまで)は、医師の指示に従い、外出せず自宅で安静にしてください。
  • 3. 治癒後、登校を開始する場合は「『学校において予防すべき感染症』の証明書」を保健室に提出してください。
  • ※ 定期試験を欠席し追試験受験を希望する場合には、学務課に連絡してください。

学校で予防すべき感染症(主な病名)

  • ・ インフルエンザ
    インフルエンザの予防対策
  • ・ 百日咳
  • ・ 麻疹(はしか)
  • ・ 風疹(三日はしか)
  • ・ 流行性耳下腺炎(おたくふかぜ)
  • ・ 水痘(水ぼうそう)
  • ・ 咽頭結膜熱
  • ・ 結核
  • ・ 髄膜炎菌性髄膜炎

提出書類


連絡先

保健室

連絡先:東京女子大学 保健室
電話番号:03-5382-6287(平日9:00~18:05)


学務課

連絡先:東京女子大学 教育研究支援部 学務課
電話番号:03-5382-6279(平日9:00~11:25、12:25~17:00)


授業の欠席

  • ・ インフルエンザ、麻疹等の「学校において予防すべき感染症(学校保健安全法施行規則第19条の規定による)」にかかった場合は、登校せず、速やかに医療機関を受診し、ただちに保健室に連絡してください。
  • ・ 病気、けが、忌引で授業を欠席した場合
  • ・ 次回の授業時に直接授業担当者に連絡してください。ただし、この場合の授業の欠席に関する扱いは、授業担当者の判断によります。 なお、病気、その他やむをえない理由により、定期試験に欠席した場合は、所定の手続により追試験を願い出ることができます。早急に学務課に問い合わせてください。
  • ・ 欠席が長期にわたる場合は、早急に学務課に相談してください。