header

悪徳商法・カルト宗教・ストーカー被害


悪徳商法とさまざまな勧誘・自己啓発セミナー

本学学生の相談で多いものに、「自己啓発セミナー」や英会話学校などの「キャッチセールス」、「アポイントメントセールス」があります。トラブル回避には以下の方法が有効です。


  • ・ 感じのよい人でも、氏名、連絡先などを絶対に教えない。
  • ・ 説明会やイベントに誘われてもはっきり「NO!」と断り、絶対に行かない。
  • ・ 契約を薦められてもその場で結ばず、必ず第三者に相談する。

万一契約をしてしまっても、クーリングオフ(解約制度)を利用できる場合があります。契約内容により解約できる期間が異なります。大至急、契約書を持って、居住地域の消費生活センターに相談しましょう。クーリングオフの手続の詳細は以下のサイトでも確認できます。


杉並区消費者センター


架空請求

Eメール等で身に覚えのない費用を請求される「架空請求」にあい、「住所がわかるから回収に行く」と迫られた場合も、絶対に応じず、請求元にも連絡してはいけません。心配な場合は、居住地の消費生活センターにメール等を提示して相談しましょう。


怪しいサークル・カルト宗教

「面白いイベント」「コンサート」「留学生との交流」「公共の施設で活動しているスポーツサークル」等への勧誘には、反社会的で危険な活動を行う宗教団体(カルト)の信者獲得や個人情報の収集を目的としている場合があります。


  • ・ 自分や友人の住所、電話番号、メールアドレス等を安易に教えない。
  • ・ 誘われても絶対に一人では行かない。
  • ・ 知らない団体名や活動内容がよくわからない場合は、キリスト教センターに相談する。

この他、何らかの団体への勧誘目的で「就職に有利だから」、「難民救済募金に協力をお願いします」と声をかける人がいます。注意しましょう。


安全な1人暮らしとストーカー対策

1人暮らしと悟られないような工夫(表札や郵便ポストを連名にする)やチェーンをかけたまま来訪者を確認する、決まった時刻に決まった道を通らないなどが防犯上有効です。


万一、つきまとい、交際の要求、無言電話の被害にあったら、すぐに学生生活課や警視庁 総合相談(連絡先は03–3501–0110(8:30〜17:15))に相談してください。