header

奨学金Q&A

  • すべて開く
  • すべて閉じる

奨学金Q&A

Q.01
父に奨学金を借りるようにと言われたので申請しますが、どの奨学金にすればよいですか?
回答を見る回答を閉じる

A.01

奨学金は、学生本人が申請し、学生本人の名前で受給するものです。特に貸与奨学金については、返還の責任は卒業後、長期間にわたり、自分自身が負わねばなりません。自分自身で家庭の状況をよく確認し、将来設計を考えて、自分にあった奨学金を選択し、必要な金額を申請してください。

Q.02
「所得」とか「確定申告」とか、聞いたことがないのでよくわかりません。
回答を見る回答を閉じる

A.02

奨学金を申請し、受給・返還するのはあなた自身であり、保護者の方ではありません。
家庭の経済状況や必要書類・手続きに関することをきちんと把握し、添付書類の準備、申請書類の記入やWEB入力等を自分で行う必要があります。
どのようなことでも、わからないことがある場合は、申請する学生本人が学生生活課に問い合わせてください。

Q.03
「所得証明書」と「源泉徴収票・確定申告書(控)」の両方が必要なのはなぜですか?
回答を見る回答を閉じる

A.03

「所得証明書」では、所得の種類(給与所得者か自営業か、副収入の有無など)や扶養者数・配偶者の有無等を確認しています。したがって、役所で「所得証明書」を取得するときには、所得の内訳や控除の内訳・人数が記載されたものの発行を受けてください。
一方、奨学金の選考は最新の収入・所得額(年額)をもとに行いますが、「所得証明書」には1〜2年前の収入・所得額しか記載されていません。そのため、最新の「源泉徴収票」や「確定申告書(控)」等の書類が必要となります。

Q.04
父は無職で収入がありません。母は専業主婦でパート等も行っていません。「所得証明書」は必要ですか?
回答を見る回答を閉じる

A.04

収入がないことを証明する必要がありますので、「所得証明書(非課税証明書)」を役所で取得し、学生生活課へ提出してください。

Q.05
給与所得者である父は、アパートの部屋を他人に貸しているので家賃収入もあります。この場合は「源泉徴収票」のコピーだけよいでしょうか。
回答を見る回答を閉じる

A.05

給与所得者であっても、その他の収入(家賃、地代、配当、著書の著作権収入など)がある方は確定申告を行うことになりますので、税務署受付印の押してある「確定申告書(控)」のコピーを提出してください。

Q.06
母はパート勤めをしていますが、収入は多くなく、父の扶養の範囲内で仕事をしているので課税されていません。それでも「所得証明書」や「源泉徴収票」「月収・年収見込証明書」は必要ですか?
回答を見る回答を閉じる

A.06

1万円以上の収入があれば、いかなる場合でも必要です。

Q.07
まもなく定年退職する予定の父の収入はどのようなかたちで考慮されますか?
回答を見る回答を閉じる

A.07

いろいろなケースが考えられますので、まず学生生活課へ相談してください。

Q.08
学費や生活費はすべて私がアルバイト等の収入から捻出しています。親の「所得証明書」等は必要ですか。
回答を見る回答を閉じる

A.08

父母に収入がある場合、通常は父母が学費等の援助をするものと奨学金では考えます。したがって父母の必要書類を提出してください。
ただし「特別な事情」であると認められ考慮される場合がありますので、その旨を申込書に記載したうえで、学生生活課に相談してください。
大学院生の場合は出願者本人(および配偶者)の収入で選考を行いますが、父母の収入状況を参考としますので父母の書類の提出が必要です(ただし、配偶者がいる場合は不要です)。

Q.09
別居している祖父母がいますが、父の扶養家族となっており、祖父母の生活費は父の収入から支出しています。この場合は同一生計内の家族とみなしてよいですか?
回答を見る回答を閉じる

A.09

同一生計内の家族とみなしますので、申請書の家族欄に氏名等を記入してください。

Q.10
別生計ですが二世帯住宅に同居している祖父母がいます。この場合は同一生計内の家族とみなしてよいですか?
回答を見る回答を閉じる

A.10

別生計ですので同一生計内の家族とは認められません。特別な事情がある場合は、学生生活課に相談してください。

Q.11
浪人中で予備校に通っている兄がいます。就学者とみなしてよいですか?
同居している姉がいますが、仕事をしていません。同一生計内の家族とみなしてよいですか?
会社員の兄は同一生計内の家族とみなしてよいですか?
回答を見る回答を閉じる

A.11

浪人中の方は就学者とはみなしません。浪人中・仕事をしていない場合は同一生計内の家族と思われますので、申込書の家族欄に氏名等を記入してください。
会社員は、独立し別生計を営んでいる方ですので同一生計内の家族とはみなしません。
本学の奨学金選考では、原則として、父母の扶養家族となっている方を同一生計内の家族としています。

Q.12
家を新築したばかりでローンの支払いがあり、家計を圧迫しています。考慮されますか?
回答を見る回答を閉じる

A.12

ローンがあっても持家は財産とみなされますので、控除の対象にはなりません。また、借家住まいで家賃の支払いがある場合の家賃も、ローンと同様に控除の対象にはなりません。

Q.13
成績にあまり自信がないので東京女子大学奨学金(授与)には出願しないほうがよいでしょうか?
回答を見る回答を閉じる

A.13

東京女子大学奨学金(授与)に出願したことが、他の貸与奨学金の選考順位に影響することはありません。 支給期間が1年間とはいえ、返還の必要がない東京女子大学奨学金(授与)は、最も条件のよい奨学金であるといえますので、皆さんに出願をお勧めします。 常に優秀な成績を収め、毎年採用される方もいます。

Q.14
必ず奨学金を受けたいので、同時に複数の奨学金に出願(併願)したいのですが可能ですか?
回答を見る回答を閉じる

A.14

併願することは可能です。出願の際に希望順位をつけてください。
ただし併給には制限があります。

Q.15
ひとつの奨学金だけでは学業を継続するために必要な費用をまかなえないので、同時に2つの奨学金を受けること(併給)はできますか?
回答を見る回答を閉じる

A.15

できるだけ多くの出願者に奨学金を割り振るため、原則として、奨学金の併給はできません。
ただし、奨学金によって制限を設けて併給が認められるものもあります。
貸与奨学金どうしを併給すると、返還総額が高額になりますので、出願する前に慎重に検討する必要があります。
なお、世帯の「認定所得」が、日本学生支援機構奨学金の「併用貸与」収入基準を上回っている場合は、併給はできません。(学部生)
また、すでに奨学金を受給中の人が新たに他の奨学金を出願し、併給を希望する場合は、選考時に順位を繰り下げて選考します。 

Q.16
在学中に、奨学金の借り換えをすることはできますか?(例えば、1〜2年次は日本学生支援機構第二種奨学金を利用し、3〜4年次は東京女子大学奨学金(貸与)を利用するなど)
回答を見る回答を閉じる

A.16

定期募集時に改めて出願し、採用されれば可能です。ただし、在学中に異なる種類の奨学金の貸与を受けた場合、卒業後、同時に複数の奨学金の返還が始まることになり、就職直後の収入の一番少ない時期に返還の負担が多くなることになりますので、注意が必要です。
なお、第二種から第一種への借り換えについては、同じ日本学生支援機構奨学金ですので、この限りではありません。

Q.17
年度始めの出願には書類の準備が間に合いそうもないので後期に出願しようと思います。
回答を見る回答を閉じる

A.17

東京女子大学奨学金・日本学生支援機構奨学金の定期募集は年度始めのみで後期は行いません。東京女子大学同窓会奨学金の募集は入学時に限られています。間に合わない書類があった場合、まず学生生活課へ相談してください。
なお、東京女子大学奨学金と日本学生支援機構奨学金には緊急対応の制度がありますが、これは家計が急変し(家計支持者の失職、破産、事故、病気、死亡等または火災、風水害等の災害等)、奨学金が必要となった方を対象とするものです。

  • すべて開く
  • すべて閉じる