header

インフルエンザの予防対策


「インフルエンザとは?」インフルエンザと普通の風邪はどう違う?

一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。子どもではまれに急性脳症を、高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。


個人や家庭でできる予防対策

1. 正しい手洗いの習慣を身につけましょう

帰宅時、食事・調理前、くしゃみや鼻をかんだ後には、流水と石鹸で手をよく洗いましょう。流水が使えない場合はアルコールを含んだ手指消毒薬を使いましょう。

正しい手洗いの方法


2.「咳エチケット」を身につけましょう

咳エチケットとは、以下のような行動のことです。


  • 1. 咳やくしゃみなどの症状があるときはマスクをつける
  • 2. 咳やくしゃみの際、ティッシュ等で口と鼻を覆い他人から顔をそらす
  • 3. 使ったティッシュは直ちにビニール袋に密封するか、ふた付きごみ箱に捨てる

咳エチケットについて


3. 日頃からの健康管理が重要です

日頃から十分な休養をとり、バランスのよい食事をとって規則正しい生活を送り、体の健康を保つことが大切です。インフルエンザワクチンの接種も効果があります。(ワクチンの効果が持続する期間は一般的に5か月程度です。)


4. 適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。


5. 食料品や生活必需品を買い置きしておきましょう

インフルエンザの流行が始まったら、感染を避けるためには、できるだけ外出をしないことが重要です。自分や家族が感染し外出できなくなった場合にも備え、2週間分程度の食料品や日用品、医薬品を買い置きしておきましょう。