header

緊急連絡/安否確認システム

東京女子大学では、大規模地震が発生した場合に学生の皆さんの安否を確認するため、安否確認システムを導入しています。



システムの概要

このシステムでは、震度5弱以上の地震が発生すると、各自が登録している携帯電話やパソコンのメールアドレスに安否確認メールが一斉に配信されます。学生・教職員がその安否確認メールに返信することで、大学は安否の状況を迅速に把握することが可能となります。


安否確認の流れ

  • 1. 大地震等の大きな災害が発生
  • 2. 大学から学生・教職員へメールを送信(安否確認システムからの配信)
  • 3. 学生・教職員が大学へメールを返信(安否の状況を返信)
  • 4. 大学が状況を把握

緊急連絡/安否確認システムWebトップページ


安否確認メール自動配信について

震度5弱以上の地震が発生した場合、次の範囲で安否確認システムからメールが自動配信されます。

【学生】
緊急連絡/安否確認システムには、各自の現住所と帰省先の都道府県が既に登録されています。東京都、現住所、帰省先のいずれかの都道府県にて震度5弱以上の地震が発生した場合、安否確認システムからメールが自動配信されます。

※ 本学は東京都にあるため、東京都で地震が発生した場合、全学生にメールを送ります。

メール配信例
例)東京都、千葉県、高知県のいずれかで発生した場合

震度5弱以上の地震観測地
東京都千葉県高知県
Aさん
(自宅生)
本人住所:東京都
(帰省先住所:東京都)
配信
※登録者全員に配信されます。
×
×
Bさん
(自宅生)
本人住所:千葉県
(帰省先住所:千葉県)
配信
×
Cさん
(下宿生)
本人住所:東京都
(帰省先住所:高知県)
×
配信
Dさん
(下宿生)
本人住所:神奈川県
(帰省先住所:鹿児島県)
×
×

【教職員】
東京都に震度5弱以上の地震が発生した場合のみ、安否確認システムからメールが自動配信されます。


システムの登録方法等

登録方法を確認し、各自メールアドレスの登録を行ってください。


登録方法

    • 1. 空メールを送信する

   送り先:twcu@emsd.e-ansin.com
   本 文:アドレス登録

    ※件名は入力しないでください。

  • 2. システムからメールを受信する
  • 3. 受信したメールのURLにアクセスし、登録する

緊急連絡/安否確認システムについて(PDF)


メールが受信できない場合は

メールアドレス登録時など、システムからのメールが届かない場合は、メールの受信設定を確認し、ドメイン「e-ansin.com」からのメールを受信できるように設定してください。

※ 受信設定の確認方法、及び設定変更方法については、各メールサービス事業者のサイトを参照してください。


パスワードの初期化

    • 1. 空メールを送信する

   送り先:twcu@emsd.e-ansin.com
   本 文:1行目・・・パスワード初期化、2行目・・・ID

    •     ※IDは、学生は学生番号、教職員・非常勤講師は職員番号を半角大文字で入力。
    •     ※件名は入力しないでください。
  • 2. システムからメールを受信する
  • 3. 受信したメールのURLにアクセスし、パスワードの再設定をする