header

先輩職員の声 教育研究支援課 (教育研究支援部)

~多様な分野の研究の地盤を作り上げる~

職務経歴

教育研究支援課 女性
2011年度入職、現部署に配属


現在担当している業務について

教員の来室も多い部署です

教育研究支援課はその名の通り教育と研究をサポートする業務を行っていますが、その内容は多岐にわたっています。
私は主に科学研究費助成事業(科研費)をはじめとする学外からの研究助成に関する業務を担当しています。申請、経費の執行、官庁への報告書類の提出などを行います。
その他には、入学式などの式典業務、入試業務、キャリア・イングリッシュ・アイランドに関する業務など、さまざまな仕事に携わっています。


よくある一日の流れ

9:00 メールチェック 対応
10:00 科研費新規応募に関する手続き
11:00 新任教員に本学での外部資金執行ルールについて説明
11:25 昼休み
12:25 教員と科研費の執行に関する相談
14:00 キャリア・イングリッシュ・アイランドの予算執行手続き
15:00 研究助成の実績報告書作成
16:00 科研費執行のための書類確認
18:00 翌日の業務確認、退勤

一日を通して、窓口や電話、メールの対応をします。


大学職員、そして東京女子大学を選んだ理由

卒業後は教育や研究に関する仕事に就きたいと考え、研究職を希望していた時期もありました。進路について悩んだ末に大学職員を選んだきっかけは、母校での学内アルバイトでした。職員の方と一緒に仕事をする中で大学職員の仕事内容がいかに多様であるかということを知り、多くのことにチャレンジできる仕事ではないかと興味を持つようになりました。
その中でも本学を選んだのは、一人一人を大切にする建学の精神と美しいキャンパスに心惹かれたからです。採用面接のときに私の話をとても親身に聞いてくださったことが印象的で、その時に是非この大学で働きたいと思いました。


仕事のやりがいや楽しさを感じる時

近年、公的研究費の使用や研究活動の不正行為に社会の注目が集まっています。スムーズに研究を進められるよう、研究費の正しい使用について管理運営することも私たちの仕事の一つです。
業務内容は毎年少しずつ変わり、常に最善の方法を模索する必要があります。時には新しい取り組みにチャレンジすることもあります。思うように進まない場合もありますが、その壁を乗り越えて成功を収めることができた時はとても嬉しく感じます。
様々なフィールドで活躍されている先生方の研究はとても興味深く、より活発な研究活動のために職員としてできることは何かを常に考えることが、毎日の業務へのやりがいとなっています。


入職前と入職後、本学で働くことに対するイメージは変わりましたか?

就職活動では本学の他にいくつかの大学を訪問しましたが、活気あふれる大学もあれば落ち着いた雰囲気の大学もあり、それぞれの特徴は全く異なりました。本学に対しては温かみのある大学というイメージを持っていて、それは今も変わりません。しかし仕事に対してはみな積極的で、一人一人が高い意識を持って臨んでいるということを、働く中で日々感じています。


東京女子大学の職員を目指す方へのメッセージ

自然豊かで、とても環境の良いキャンパスです。 教職員の人数は200名程度と多くはありませんが、一体感を持って仕事ができるところに魅力を感じます。 日々の業務では実感することは少ないかもしれませんが、大学を支え発展させていく重要な仕事です。気持ちのいい環境で、充実した毎日を過ごすことができると思います。 みなさんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。