header

高等学校教科別セミナー

  • 会場:東京女子大学 9号館、11号館

[→交通アクセス] [→キャンパスマップ]

日時:2018年8月24日(金)12:00~18:00(11:15受付開始)

対象:高等学校・中等教育学校・中学校、予備校の先生方
   教職を目指す学生、本学大学院進学希望者
参加費:無料


概要

東京女子大学現代教養学部は、国際英語、人文、国際社会、心理・コミュニケーション、数理科学の各学科・研究分野を専門とする教員を擁しております。 本学教員の最新の研究成果や教育経験を中学・高校や予備校の先生方に公開し、教育への新たな視点を提供することを目標として、第7 回教科別セミナーを開催致します。
セミナー終了後に意見交換・懇親の場も設けますので、ぜひご参加ください。また、参加者全員に「東京女子大学高等学校教科別セミナー修了証」を発行いたします。


11:15~12:00 受付  東京女子大学9号館1階ロビー
12:00~17:00 第1部 教科別セミナー  東京女子大学9号館各教室
17:15~18:00 第2部 意見交換・懇親会(無料) 東京女子大学11号館2階学生ホール
軽食を用意いたします。ぜひ、ご参加ください。

教科別セミナー講義内容

国語

12:00~13:30

国語辞書の記述を考える

講師:丸山直子
   (人文学科日本文学専攻教授)

現在、多くの国語辞書が出版されていますが、紙媒体の需要は減り、電子辞書やスマホのアプリ、ネット上の辞書が主流となりつつあります。国語辞書に求められる記述や在り方について、歴史にも触れつつ、考えます。

13:45~15:15

平安文学を読み直す

講師:今井久代
   (人文学科日本文学専攻教授)

平安時代の女流作家は、『蜻蛉日記』をのぞき、ほぼ女房でした。作品内では当たり前の存在として、大抵はチラリと姿を見せるだけの女房はどんな暮らしをしていたのか、彼女たちの感覚はどう作品に反映されているのか、「女房」という視点からの平安文学斜め読みに挑戦します。

15:30~17:00

現代文学の先端

講師:近藤裕子
   (人文学科日本文学専攻准教授)

発達障害やゴミ屋敷や新興宗教など、きわめて現代的なテーマを取り上げつつ、そうした言葉で小さく括りこんでしまう発想を絶えず揺さぶり続けている作家今村夏子。その作品世界をご一緒に読み深めます。


英語

12:00~13:30

どうなる日本の英語教育改革―なぜ変わる、どのように変わる―

講師:森博英
   (国際英語学科国際英語専攻教授)

本講義では日本の英語教育改革の中でも特に新学習指導要領や小学校での教科としての外国語科(英語)の導入、大学入学試験での英語4技能試験の活用に焦点を当て解説をしながら受講者の皆様と意見交換をします。

13:45~15:15

My Experience of Teaching Japanese High-School Students about English Haiku

講師:Houwen, Andrew
   (国際英語学科国際英語専攻准教授)

Haiku is a famous Japanese form of poetry. From the twentieth century, however, it gained great popularity in English literature as well. One of the most influential English haiku is 'In a Station of the Metro' by the great American poet Ezra Pound. I gave a lecture and workshop at two Japanese high schools as part of the Science Dialog program. In the lecture, I explained about the development of English haiku by focusing on "In a Station of the Metro'; in the workshop, I asked students to compose an English haiku of their own. This talk will examine the outcomes of these workshops and the potential role of English haiku in high school students' English education.

15:30~17:00

カズオ・イシグロの歴史小説

講師:原英一
   (人文学科英語文学文化専攻特任教授)

2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの長編小説は、その全てが「戦争の世紀」、20世紀の歴史を描く歴史小説です。歴史の巨大なうねりの中での個人の葛藤の有様を、彼の全小説の中に見ていきます。


地理 歴史

12:00~13:30

草原とオアシスから眺めた隋唐帝国史

講師:赤木崇敏
   (人文学科歴史文化専攻准教授)

通説では、隋唐帝国は中国を統一し、周縁諸国の多くは隋唐の制度・文化を漢字を媒介として取り入れ、東アジア文化圏が形成された、とされます。本講義ではこのような隋唐史を、草原とオアシスから発見された史料を用いて、中央ユーラシア史の視点から読み直します。

13:45~15:15

くずし字読解入門―古文書を授業にどう活用するか?―

講師:高橋修
   (人文学科歴史文化専攻准教授)

くずし字は大人でも解読するのは難しいと敬遠されがちです。 ですが、ちょっとしたコツを掴めば、小学生でもすぐ読めるようになります。くずし字・古文書を活用した新しい授業案をこの講義では提案します。

15:30~17:00

近現代東アジアと朝鮮―在日朝鮮人と分断体制―

講師:森万佑子
   (国際社会学科国際関係専攻専任講師)

このセミナーは、東アジアという場から朝鮮半島の近現代史を眺めてみようとするものです。とりわけ在日朝鮮人について、歴史的起源だけでなく、朝鮮半島の分断体制という国際関係の動きとともに考えていきたいと思います。


公民

12:00~13:30

知的財産権の保護と国際政治

講師:西村ももこ
   (国際社会学科国際関係専攻専任講師)

特許、商標、著作権といった知的財産権をめぐって、様々な国際条約が存在しています。これらの国際条約の形成や維持に対して、各国の政治関係がどのような影響を与えているのかという点を、具体的な事例を通して考察します。

13:45~15:15

痛みを哲学する

講師:佐々木能章
   (人文学科哲学専攻教授)

人間にとって「痛み」は身近なできごとですが、扱う方法はさまざまです。医学的な対処、心理学的な探求、人とのつながりや文学において出現する問題。これらの見方それ自身を考えるのが哲学の営みです。

15:30~17:00

物流と地球温暖化問題

講師:二村真理子
   (国際社会学科経済学専攻教授)

現在、物流は多くの課題に直面していますが、地球温暖化問題への対応もその一つです。本講義は環境経済学の観点から地球温暖化問題を概観し、さらに現実の物流政策の動向を踏まえ、環境制約下の物流について論じるものです。


数学

12:00~13:30

宇宙は数学の言葉で書かれている

講師:林青司
   (数理科学科情報理学専攻教授)

「宇宙という書物は数学という言葉で書かれている」とはガリレオ・ガリレイの言葉ですが、素粒子や原子の世界から宇宙の進化に至るまでを記述する物理学の諸法則がいかに数学という言葉で書かれているか、紹介します。

13:45~15:15

現代化学における数学

講師:安藤耕司
   (数理科学科情報理学専攻教授)

現代化学は量子力学に立脚しています。分子の性質や変化(化学反応)は、分子内の電子の振る舞いが決定します。代表的な理論は分子軌道法と呼ばれ、分子内電子の空間分布やエネルギーを計算するために、線形代数や群論が駆使されます。また、電子の動きは時間と空間座標を変数とする波動方程式で表されます。これらの理論とコンピューターによる数値計算について、基礎事項から最近のトピックスまでを概説する予定です。

15:30~17:00

生命システムの数理モデル

講師:春名太一
   (数理科学科情報理学専攻准教授)

ブーリアンネットワークとは遺伝子調節ネットワークの数理モデルであり、1969年に発表されて以来現在に至るまで多くの研究がなされています。本発表では、その基礎の解説から始め、最近の研究までを紹介します。


問い合わせ先・申し込み先

東京女子大学エンパワーメント・センター
TEL03-5382-6832(直通)月〜金 9:00 〜17:00
※ 8/9(木) 〜8/21(火) は夏期一斉休暇のため閉室しています。


申し込み方法

Eメールまたはハガキでお申込みください。
「教科別セミナー申込」と明記の上、以下の点についてご記入ください。
①氏名(フリガナ)、連絡先のメールアドレス、電話番号
②受講する教科(地理歴史と公民については組み合わせて受講することが可能です。組み合わせる場合は、「 1 時間目地理歴史、2・3 時間目公民」というように記入してください。)
③意見交換・懇親会の出欠
④勤務先の学校等の名称
 学生の場合は大学名、所属学科・専攻、年次


Eメール
empowerment@lab.twcu.ac.jp

ハガキ
〒167-8585 東京都杉並区善福寺2-6-1
東京女子大学エンパワーメント・センター


締切:8月7日(火)必着