header

心理臨床センター


東京女子大学心理臨床センターは、本学大学院心理学専攻臨床心理学分野の大学院生のための実習・研修の場、および地域に開かれた社会貢献の場として、2009年4月1日に開設され、相談事業、ネットワーク事業、研修・研究プログラム事業を重要な3本柱にして活動を行ってきました。

まず、子どもの発達や行動上の問題などに対して、臨床心理学の教員の指導のもとに、大学院生が心理査定や遊戯療法を行ってきました。また、子育てを含めた母親自身の悩み、職場で起こるメンタルヘルス上の問題、虐待やDVなどの被害から生じるP T S Dや解離性障害などに対して、心理療法や医学的診断・治療を行ってきました。

一方、社会貢献として、臨床現場・学校現場・福祉現場で働く臨床心理士や、地域で子育てや高齢者の介護に携わる対人援助職の方々に対して、個人あるいはグループのスーパーヴィジョンやコンサルテーションを行ってきました。

今後も引き続き、心理臨床センターの活動を学内外に広報しながら、多くの人々のニーズに応えられるように、大学とコミュニティ、家庭と学校、知識と実践を繋ぐ場として、また教育・実践・研鑽の場として、より一層の充実を図っていきたいと考えております。なお、心理臨床センターで実習・研修を終えた大学院生は100%の合格率で「臨床心理士」の資格を取得し、臨床等の現場で活躍しています。