header

留学制度について


東京女子大学の留学制度

東京女子大学には、本学が「教育上有益」と認めたときに、学生が休学することなく留学できる制度があります。この制度による留学で、外国の大学の正規課程の授業科目を履修し単位を修得した場合、その学修が本学の履修の一部とみなされます。


留学の種類

協定校留学 東京女子大学の協定校に留学する制度です。学内選考ののち、協定校が受け入れの最終決定を行います。
スタディ・アブロード・プログラム 詳細はコチラ
認定校留学 学生個人が希望する大学に留学する制度です。学生自身が留学先を探して出願し、入学許可を得た上で本学の認定を受けて留学します。


留学の期間

1年間もしくは半年間
留学先大学における学修期間終了後、単位認定・履修登録に支障のないよう速やかに帰国し、本学の授業を履修する必要があります。


留学の条件

出発時において、本学に少なくとも1年以上在学し、本学の単位を1年間につき30単位以上修得している学生であることが、出願の条件です。


留学の特徴

この制度では、

  • 1. 留学期間が在学年数に算入されます。
  • 2. 留学中に修得した単位が、審査の上で本学の単位として認定されます。
  • 3. 年度途中で1年間留学した場合、その年度に履修中の通年授業の科目は帰国後に継続して履修できます。

本学の留学制度によらない場合

休学して外国で学修する場合には、その期間を在学年数に数えることはできませんし、留学先大学で修得した単位は本学の単位として認定されません。また、年度途中に休学した場合、帰国後に通年授業科目の継続履修もできません。休学についての相談・受付は「学務課」へ。


東京女子大学の留学制度と休学して留学する場合の違い

留学説明会の資料はコチラ


本学の留学制度 休学の場合
協定校留学スタディ・アブロード・プログラム認定校留学
学籍 留学(在学年数に参入) 休学
出願資格 本学に1年以上在籍し、出願時において1年につき30単位以上を既に修得した者 -
修得単位の認定 留学終了後、所定の手続きにより本学の単位に認定可能 なし
通年科目の継続履修の制度 あり
半年間の場合はなし
なし あり
半年間の場合はなし
なし
本学学費 原則、全額納入 在籍料を納入
東京女子大学国際交流奨学金 出願により「東京女子大学国際交流奨学金」を授与 なし
留学先大学 本学と学生の相互交換・派遣協定を締結している大学 スタディ・アブロード・プログラム協定校 正規の高等教育機関で学位授与権を有する大学 なし