header

利益相反マネジメント


利益相反マネジメントについて

 大学の教職員が産学官連携活動等を行うにあたっては、その目的や役割の相違により、学外の企業・団体等との関係によって有する利益や責任と、大学における教職員としての責任が対立する(利益相反)状況が生じる可能性があります。

 本学では、学校法人東京女子大学利益相反マネジメントポリシー及び学校法人東京女子大学利益相反マネジメント規程を制定し、利益相反マネジメント委員会を設置しております。また、教職員等の自主的な産学官連携活動等を尊重し、積極的に社会活動に推進するとともに、教職員等を未然にトラブルから保護し、産学官連携活動等の健全な推進を図ることを目的として、同規程に基づいた利益相反マネジメントを実施しています。


関連する学内規程等

  • 学校法人東京女子大学利益相反マネジメントポリシー
  • 学校法人東京女子大学利益相反マネジメント規程

  • 利益相反マネジメント手順

    当該教職員から「自己申告書」受理

    [年1回定期。また、定期提出の自己申告書に変更が生じた際に随時。]

       ↓

    「自己申告書」に基づき利益相反マネジメント委員会による審査

       ↓

    審査結果の通知

       ↓

    審査結果に応じたマネジメント対応


    ※「自己申告書」(学内者には、年1回配布及び回収しています。すでに提出した自己申告書に変更が生じた場合には、随時提出が必要となりますので、以下の問い合わせ先までお問い合わせください。)


    お問い合わせ先

    連絡先:東京女子大学 教育研究支援課
    電話番号:03-5382-6451
    E-mail:support@office.twcu.ac.jp