header

2017年度本学のメディア掲載(随時更新)

◆ 本学図書館所蔵

※ 広報課所蔵


『朝日新聞』朝刊 東京版及び『朝日新聞デジタル』2017年9月15日(金) 「方言チャート人気 「地方応援するツールに」

篠崎晃一先生(国際関係専攻)と学生が開発した「出身地鑑定!! 方言チャート」のゼミが紹介されました。
[2017年9月15日]


『東京新聞』朝刊 2017年9月12日(火)社会面「老朽首都高、初の大改修 羽田線、14日から迂回路」

竹内健蔵先生(経済学専攻)のコメントが掲載されました。

[2017年9月13日]


『共同印刷株式会社』2017年8月30日(水)「小さくても読みやすい「小春良読体R」フォント製品の販売開始」

小田浩一先生(コミュニケーション専攻)が共同印刷株式会社と共同研究したフォントが、このたび一般に市販されることになりました。ニュースリリース製品ページ
[2017年9月1日]


『withnews』 2017年8月29日(火) 「押しピン」「画びょう」呼び名が違うのなぜ? コクヨと教授に聞く

篠崎晃一先生(国際関係専攻)のコメントが掲載されました。
[2017年8月29日]


『毎日新聞』夕刊 2017年8月16日(水) 「憂楽帳『あえて』の方言」

篠崎晃一先生(国際関係専攻)のコメントが掲載されました。
[2017年8月23日]


『AERA』 2017年8月7日(月)「そもそも別世界 東日本と西日本」

篠崎晃一先生(国際関係専攻)の日本の方言における東西の境界についての記事が掲載されました。
[2017年8月8日]


『朝日中高生新聞』 2017年7月2日(日)「GO GO高校大学」

篠崎晃一先生(国際関係専攻)とゼミの学生が開発した「出身地鑑定!!方言チャート100PLUSⅡ」が紹介されました。
[2017年7月19日]


吉川弘文館PR誌『本郷』「本郷かわら版」

卒業生である永井路子さんが編者の一人として関わった『黒板勝美の思い出と私たちの歴史探究』(黒板伸夫・永井路子編、吉川弘文館)が、尾崎秀樹記念・第27回大衆文学研究賞(大衆文学部門)を受賞したことが紹介されました。
[2017年6月1日]


『NHK NEWS WEB』 2017年5月24日(水)「ふるさとの方言 使ってますか?」

篠崎晃一先生(国際関係専攻)とゼミの学生が開発した「出身地鑑定!! 方言チャート100」が紹介されました。
[2017年5月25日]


『日経産業新聞』 2017年5月22日(月)「出身地鑑定の方言チャート 精度向上へ質問改良 東京女子大」

篠崎晃一先生(国際関係専攻)とゼミの学生が開発した「出身地鑑定!! 方言チャート100」のアップデート版の公開が報じられました。このほかハフィントンポストリセマムICT教育ニュースマイナビニュースpouchロケットニュース24官庁通信社HPSpotlightなど多数メディアに紹介記事が掲載されています。
[2017年5月25日]


『読売新聞』日曜版『よみほっと』 2017年5月21日(日)「篠崎先生の方言いっぺこっぺ」

篠崎晃一先生(国際関係専攻)のコラムが6週連続で掲載されます。
[2017年5月24日]


『読売新聞』 2017年5月12日(金)くらし 教育面「東京女子大で古書展」※

本館・新渡戸記念室にて開催中の「古典に親しむ―東京女子大学ゆかりの和書より―」展の情報が掲載されました。
[2017年5月15日]


公益社団法人 日本語教育学会 2017年5月9日(火)

石井恵理子先生(言語科学専攻教授)が子どもの日本語教育分野における業績を評価され、16年度日本語教育学会賞を受賞しました。
[2017年5月15日]


『マイナビニュース』 2017年5月6日(土)「児童向け4307点から大賞は写真絵本「世界のともだち」--産経児童出版文化賞」

阿部優子先生(言語科学専攻准教授)の翻訳による『ややっ、ひらめいた!奇想天外発明百科』(マウゴジャタ・ミチェルスカ文、アレクサンドラ・ミジェリンスカ&ダニエル・ミジェリンスキ絵 徳間書店)が、産経児童出版文化賞の翻訳作品賞を受賞したことが紹介されました。
[2017年5月15日]


『朝日新聞デジタル』 2017年4月26日(水)「石川)「未完の哲学者」高橋ふみに光 哲学館で企画展」

本学の卒業生で、戦前に女性哲学者としてキャリアを積んだ故・高橋ふみ(1925年哲学科卒)氏の企画展が出身地の石川県で開催されることが紹介されました。
[2017年5月15日]


『全私学新聞』 2017年4月23日(日)「2017年3月卒業生の就職率 就職支援で99.5%達成 東京女子大学」

現代教養学部2017年3月卒業生の就職率が99.5%に達したことが報じられました。
[2017年5月15日]