header

現代教養学部 2018年度「改組」についての記者発表会を開催


左より、原田範行現代教養学部学部長、小野祥子学長、唐澤真弓副学長


記者発表会の模様

東京女子大学は、創立100周年を迎える2018年に、現代教養学部を5学科12専攻に再編し、「国際英語学科」「国際社会学科コミュニティ構想専攻」「心理・コミュニケーション学科」を新設、国際性、女性の視点、実践的な学びを重視した新しい教育を全学的に展開します。


この改組に関する記者発表会およびプレス懇談会を、5月18日(木)に学内にて開催しました。当日は19名の記者の方々にお集まりいただきました。


第一部の記者発表会では小野学長の挨拶に続き、唐澤副学長による改組についての説明、原田学部長による本学のリベラル・アーツ教育についての説明、質疑応答とフォトセッションが行われました。


第二部のプレス懇談会では、小田浩一先生(人間科学科教授)と加藤由花先生(数理科学科教授)による研究紹介も行われ、学生によるキャンパスツアーをもって終了いたしました。


改組に関する詳細は、プレスリリースをご覧ください。